企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.12.01

“エシカル”に特化したECサイト「Ethical Connections」が12月3日(金)にグランドオープン!

日本のすべてのひとが、あたりまえにエシカルライフを楽しめる世の中へ

Ethical Japan Group株式会社(本社:東京都港区、代表者:Dean Newcombe、読み:エシカルジャパングループ、以下「当社」)は、2021年12月3日(金)に、ECサイト「Ethical Connections( https://ethicalconnections.jp 読み:エシカルコネクションズ)」をグランドオープンします。
あわせて、12月4日(土)〜12日(日)の期間限定で、TATRAS CONCEPT STORE青山店にてポップアップストアを展開します。



当社は、「日本のすべてのひとが、あたりまえにエシカルライフを楽しめる世の中へ」をミッションに、2020年12月に設立された事業会社です。当社名にも含まれる「エシカル」とは、「地球環境・人・社会・地域に配慮した考え方や行動」を指す概念で、大きなパラダイムシフトが起きたコロナ禍でもその価値が再認識され、“次の時代”を象徴するキーワードとしても注目が集まっています。


■ 5つの独自基準を踏まえた「エシカル」の視点で、“ファッションとストーリー”を提案
今回グランドオープンするECサイト「Ethical Connections」では、文字通りこの「エシカル」に着目。
オーガニックコットンやリサイクル素材といった個別の素材だけでなく、生産・製造・流通・販売といった
一連のバリューチェーンを通して、「エシカル」と呼ぶにふさわしい活動を行う企業のアイテムを取り揃えます。

当サイトでは、「エシカル」を可視化するために、第三者機関の認証と照合した5つの独自基準を制定。

1.PEOPLE (製品に関わる人への配慮、フェアトレード等)
2.ANIMALS (動物の生命への配慮)
3.OCEANS (海や海洋生物の保護)
4.LAND (植物や土壌への負荷軽減)
5.AIR (大気汚染防止)


という基準のもと、世界中から厳選された25ブランド / 約200アイテムを販売します。

また、「Ethical Connections」のグランドオープンにあわせて、ECサイト内で取り扱うアイテムを販売するポップアップストアをTATRAS CONCEPT STORE青山店にて開催。デジタルとリアルの両軸から、エシカルの視点で一人ひとりの生活を豊かにする“ファッションとストーリー”を提案します。


■ 世界中の「エシカル」な活動と、日本の生活者を繋ぐ架け橋に
「エシカル」な社会とは、「地球環境・人・社会・地域に配慮すること」に終始するだけでは持続可能性はありません。受け手となる生活者が存在し、その生活者の意識と行動が変化することで、社会と経済に新たな循環が生まれます。
「Ethical Connections」では、世界中で実践されている「エシカル」な活動と日本の生活者一人ひとりの消費行動を結び付け、社会貢献にもつながる仕組みを構築するとともに、日々変化する「エシカル」の定義や基準に合わせ、常に新しい価値観を発信・共有する場としてアップデートを続けてまりいます。


- EC SITE -
 (18197)


名称: Ethical Connections(読み:エシカルコネクションズ)

URL: https://ethicalconnections.jp
取り扱い数: 25ブランド / 約200アイテム


- CRITERIA - 5つの基準
「Ethical Connections」では、エシカルを分かりやすく可視化するための独自基準を5つ定めています。
それぞれの基準はブランドから入手した情報や第三者認証を基に設定しており、全ての商品に表示されているため、一目でどのような環境配慮をされているかが判別できます。
 (18199)


For the People

製品の生産に関わる人々の安全や生活、伝統を守っているブランドを表しています。

フェアトレード製品などがこれにあたります
(第三者認証の例:フェアトレード、Fair Wear、Sedexなど)


 (18200)


For the Animals

動物の生命への配慮に努めているブランドを表しています。

動物由来の素材を使わないヴィーガン、アップサイクルレザーなどがこれにあたります。
(第三者認証の例:PETAなど)


 (18201)


For the Oceans

海や海洋生物の保護に努めているブランドを表しています。

海洋プラスチックのリサイクル製品などがこれにあたります。
(第三者認証の例:Cradle to Cradle、Eco-Ageなど)

 (18202)


For the Land

植物や土壌への負荷軽減に努めるブランドを表しています。

オーガニックコットン製品などがこれにあたります。
(第三者認証の例:GOTS、エコテックスなど)

 (18203)


For the Air

大気汚染防止に努めているブランドを表しています。

CO2排出量の削減やゼロエミッションを掲げるブランドがこれにあたります。
(第三者認証の例:Climate Ekos、Climate Positiveなど)



- BRANDS -
2021年11月現在、25ブランド約200アイテムを取扱い中※。
今後もエシカルなブランドも拡充していく予定です。主なブランドは以下の通り。
※ブランド数およびアイテム数は2021年12月現在。

bleed (ブリード)
ドイツ発のサステナブル、フェアトレード&ヴィーガンファッションブランド。殺虫剤等の不使用はもちろん、染色工程でもクロムやホルムアルデヒトは一切使用されず、環境に配慮された無害の材料のみで生産されています。
 (18205)

Dorsu (ドース)
カンボジアおよび世界中のアパレル産業の模範となることを目指して設立されたアパレルブランド。製品には、カンボジアに工場を有するアパレルメーカーから排出された余剰素材(布ロールから使用されなかった未使用の部分)が使用されています。
 (18207)

Esthe (エステ)
ギリシャ発、ユニークながらもトレンドに左右されないアイテムを幅広く取り扱っており、また、環境に配慮された商品をリーズナブルな価格で提供しています。ギリシャとブルガリアに独自の生産ネットワークを持ち、受注生産を基本とすることで在庫数の低減と、廃棄による環境負荷を低減しています。
 (18209)
32 件
〈 1 / 2 〉

関連記事