企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.12.03

沖縄の社会課題を解決する事業を若者らで創出。「coconova workation × Design Sprint」イベントレポート【 #ワーケーションウィーク沖縄 】

東京と沖縄の起業志望者ら5チームが参加。地域住民によるワークショップで課題を「自分ゴト」化し、解決に取り組む

民間主導のまちづくりを進める株式会社Social Design(沖縄県名護市)と、スタートアップ支援の株式会社RiskTaker(東京都中央区銀座)はこのたび、内閣府沖縄総合事務局およびISCOにて運営されている「ワーケーションウィーク沖縄」のイベントとして、沖縄の社会課題に取り組む事業を1週間で創出する「coconova workation × Design Sprint」を11月21日~26日に実施しました。
【詳細】
https://bit.ly/3rivHJ2

イベント概要

「ワークショップを通じ、沖縄・名護の社会課題を学びながら事業を創出していく」という目的のもと、コミュニティ・パーク「coconova」運営のSocial Design、スタートアップ支援のRiskTakerが共同で開催。

「起業家シェアハウス(東京都新宿区)」の住人と沖縄の若者らが参加し、計5チームが結成されました。

「Design Sprint」と呼ばれるGoogle Venturesでも用いられるフレームワークにもとづき、沖縄の抱える7つの社会課題に向き合う事業案の創出と検証、プロトタイプの制作までを1週間で行いました。
 (18414)
期間中は、多拠点居住プラットフォーム「ADDress」との連携により、参加者らに住居を提供。暮らしを共にしながら各チームが事業の設計に取り組み、最終日の11月26日に発表・講評が行われました。
 (18416)

各チームの発表内容

■チーム1
【テーマとした課題】

沖縄に来ている観光客が、雨だと楽しめる場所がないという課題
沖縄で空き家を持っている人が、使い道がわからない/買い手が見つからないという課題

【発表内容】
 (18419)
「リアル脱出アイランド」
沖縄にある空き家を脱出ゲームの会場として活用する参加型エンターテイメントサービス。雨の日でも観光客が楽しめる場所を提供すると共に、空き家所有者が空き家を収益源にできる。

脱出ゲームのテーマを沖縄の社会課題と関連させることで、楽しみながら沖縄の問題についての当事者意識を高めることにもつなげていく。

「沖縄のワークショップで辺野古の海岸線を通るなどして、課題をリアルに感じることができた。観光としての楽しみもありつつ、県外の人が沖縄の課題を知るきっかけになったらと思う」(チームリーダー:引野航介さん)


■チーム2
【テーマとした課題】

名護に住む30歳以下の若者が、名護のために何かしたいけど何をしたらいいかわからない、という課題

【発表内容】
 (18421)
「NAGO ME(なごみ)」
個人のやりたいこと・スキルと名護の課題とをかけ合わせ、イノベーションを生み出すためのプログラム。

「名護について考える機会」「自分の将来について考える機会」「情報共有の機会」「様々な世代や職業に触れる機会」を定期的に開催し、課題の発見や解決につながる機会を生みだす。検証イベントでは、名護市名桜大学の学生を中心に16人以上の参加希望があり、8人が参加した。

「初めての経験だったが、メンバーと協力してアイディアを形にできた。イベントを通じて自分の考えも整理され、やりたいことが見つけられた。NAGO MEのイベントは今後も続けたい」(チームリーダー:長松佳穂さん)


■チーム3
【テーマとした課題】

沖縄(地方)に住む学生の情報格差と機会格差によって、地方の問題を解決する糸口が地方で育まれない、という課題

【発表内容】
 (18423)
「逆授業参観」
沖縄に住む学生の親にこれまでの幼少期や学生時代を振り返ってもらい、当時の夢や、そのころ感じていた両親に対する悩み、後悔していること、過去の自分に伝えたいことを子供に伝えてもらうプロジェクト。

検証を行った結果、親は子供の夢に対して肯定的になり、子供は自分の夢を口に出しやすくなるという結果が得られ、事前ヒアリングにあった「親の否定によって、自分の選択肢を狭めてしまう」という課題を改善。

「自分のやりたいことを追ってきたので、誰かの課題を解決する目線を持ったのは初めて。『本当に当事者のためか?』という問いを大切にするよう心がけた。今後はテレビ番組とのタイアップ等につなげたい」(チームリーダー:まえはらかずあきさん)
24 件
〈 1 / 2 〉

関連記事