NEWS

すべての企業と、働く人たちの”隠れESG”アクションを応援し、推進するきっかけ作りを行う「#隠れESGを探せ」プロジェクトをLenovoが始動

2021.12.07

12月6日(月)WebドラマCM第一弾を公開&”隠れESG”の投稿でThinkPadが当たるTwitterキャンペーンを実施

レノボ・ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長デビット・ベネット、以下レノボ)は、12月6日(月)より、すべての企業と働く人たちの”隠れESG”アクションを応援し、推進するきっかけ作りを行うことを目的とした「#隠れESGを探せ」プロジェクトを始動します。プロジェクトの第一弾として、ESGアクションをより身近なものとして伝えるためのWebドラマCMを公開。併せて、日本中の”隠れESG”アクションをTwitterにて募集し、レノボのPCにアーティストが特別ペイントを施した「Green ThinkPad」を、抽選でプレゼントするキャンペーンを実施いたします。


特設WebサイトURL : https://www.lenovo.com/jp/ja/common/esg
動画URL: https://www.youtube.com/watch?v=RroodKBDoWE



【「#隠れESGを探せ」プロジェクトとは】
ESGとは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取って作られた言葉で、投資家や顧客、従業員などに対して経営の透明化や社会貢献、職場環境の改善などを行う取組みです。気候変動問題や人権問題などの世界的な社会課題が顕在化している今、企業が中長期的に成長するために、企業と、そこで働くすべての人たちにとってESGへの取り組みは急務とされています。しかし、日本で働く人を対象に意識調査を行ったところ、ESGについて「聞いたことがない、初めて聞いた」と回答した人は6割となっており、その認知率は低いというのが現状です。また、ESGの内容を説明した上で、実践することの難易度を質問すると、7割以上が「ESGの実践は難しいことだと思う」と回答しています。その一方で、節電や節水、食品ロスの回避等、身近なESGアクションの具体例について質問すると、9割以上の人が何かしらのESGアクションを実践していると回答。つまり、ESGの言葉としての認知度は低く、取り組みにはさらに力を入れなければならないという課題がある一方で、身近に取り組めるESGアクションは沢山あるということが分かったのです。

この結果を受けてレノボは、意識せずに実践している身近なESGアクションを「隠れESG」と命名し、顕在化させる「#隠れESGを探せ」プロジェクトを立ち上げることにいたしました。本プロジェクトは、ESGを分かりやすく身近なものとして伝え、取組みを実践するすべての企業と働く人たちを応援し、ESGアクションを積み重ねてゆくことで、日本全体のESG推進を目指すことを目的としております。プロジェクト始動にあたり、12月6日(月)にはWebドラマCMの第一弾と特設Webサイトを公開いたします。WebドラマCMは、上司にESGの実践を迫られる主人公と清掃員のやりとりを通して、身近なESGアクションをコミカルに紹介することで、ESGについての難解なイメージを払拭することを目指し制作をいたしました。さらに、Twitterでは普段実践しているESGアクションの投稿を募集するキャンペーンを行います。「会社の電気をこまめに消す」「移動はタクシー利用を控えて公共交通機関を利用する」「会議資料を余分にプリントアウトしない」など、普段なにげなく実践しているESGアクションを投稿していただくこのキャンペーンによって、より多くの働く人たちが意識的かつ気軽にESGに取り組んでいただくためのきっかけ作りができれば幸いです。


<調査概要>
・調査地域:全国
・対象者条件:18歳~64歳の働く男女
・調査手法:インターネット調査
・実査期間:2021年11月
※調査詳細は別紙にてご覧いただけます。
URL: https://bit.ly/3kkwYLz 
PASS:lenovo


【「#隠れESGを探せ」プロジェクト立ち上げにあたって】
レノボ・ジャパン合同会社 CMO リュウ・シーチャウ
深刻な環境問題を前に、日本においては「2050年のカーボンニュートラル」が発表され、来年4月からは「プラスチック資源循環促進法」も施行されるなど、環境への取り組みに一層力を入れることが必要とされています。昨年日本で行われた消費意識調査によると「環境に配慮した商品に、より高い価格を支払う」と回答した人が65%*1となっており、さらに、学生を対象とした調査では、就職先の選定基準の一位に社会貢献度が挙げられるなど*2、近年、ESGへの取り組みは企業が成長してゆくための命題となっています。しかし、「ESG」という言葉は難解な印象を与え、取り組み自体を難しいものだと捉えている方も多いというのが現状です。
私たちは、このプロジェクトを通して身近な隠れESGについて発信することが、すべての働く人たちが楽しく、気軽にESGに取り組むためのきっかけとなり、日本全体でESGを推進するための第一歩となることを願っております。
*1 UBS データ調査部門「エビデンス・ラボ」2020年リポートより
*2 ディスコ「キャリタスリサーチ」2020年調査より



【「#隠れESGを探せ」プロジェクト」概要】
<WebドラマCM:Lenovo劇場 第一弾>
■動画概要:ESG 推進室 室長のアキバにESGへの取組みを迫られ、何から取り組めば良いのかと苦悩する主人公のハンダ。しかし、清掃員の一言で、CO2削減に貢献する技術、LTS(低温はんだ)を製造工程に取り入れているレノボのPCを使用しているだけでESGに取り組めているのだ、ということに気が付き、「見たかアキバ~!」と大声で叫びます。

#隠れESGを探せ 【Lenovo(レノボ)劇場|vol.1】 #ESG #SDGs


<”隠れESG“の投稿でThinkPadが当たる!Twitterキャンペーン>

■キャンペーン概要:
 あなたが普段実践しているESGアクションを募集します。Twitterに投稿していただいた方の中から抽選で、
アーティストとコラボレーションをし、特別ペイントを施したレノボのPC 「Green ThinkPad」をプレゼント 
いたします。
■実施期間:2021年12月6日(月)~2022年1月6日(木)23:59
■参加方法:
1. レノボ・ジャパン公式Twitterアカウント(@LenovoJP_DO)をフォロー
2. あなたが見つけた身近なESGの取り組みとハッシュタグ「#隠れESGを探せ」 を記載の上、レノボ・ジャパン 公式のキャンペーン対象ツイートを引用リツイートすることで応募完了となります。
※アカウント非公開、ハッシュタグがついていない投稿は、応募対象外となりますのでご注意ください。
※抽選結果は、当選者のみに1月下旬以降、DMでお知らせをいたします。
※Twitterキャンペーンへのご質問は以下お問い合わせフォームに送信ください。
URL:https://lenovo.ownly.jp/pf/inquiry?brand_id=914&event_id=17085


■プレゼント賞品:
A賞:アーティストYuta Okudaとコラボレーションし、特別ペイントをした
「Green ThinkPad」1名様(ThinkPad X1 Nano Gen1 製品番号:20UN0000JP)
B賞:ThinkPad 2名様(ThinkPad L15 Gen2 - ブラック 製品番号:20X4002EJP)


<コラボアーティスト>
Yuta Okuda

<プロフィール>
愛知県犬山市出身、神奈川県在住。
1987年生まれ。日本とイギリスでファッションデザインを学び、その後アパレル企業にてデザイナーを経験。2016年に退社し、アーティストとして絵画制作などの活動を開始。コロナをきっかけに当たり前だと思っていたことが、特別な出来事だったと気付き、日々の当たり前に感謝し、それを作品にしたいという思いから’with gratitude’というテーマで、「花」を描き作品制作を行っている。URL:https://yutaokuda.jimdo.com/
※Green ThinkPad の制作過程をレノボ公式Twitterで紹介予定です。ぜひご覧くださいませ。


【レノボのESGの取り組み】
レノボは、お客様を始め、従業員、コミュニティ、そして地球全体のために、持続可能な未来を築くべく、環境(Environmental)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)の3つの方向から独自の目標を設定し、それぞれの課題に真摯に向き合ってまいりました。
環境面では、独自の水冷サーバーの技術により、消費電力の30%以上を削減し、電子部品の実装技術「LTS(Low Temperature Solder:低温によるはんだ付け)」により、従来の工程と比較して二酸化炭素排出量を最大35パーセント削減しています。レノボは、2029-2030年度までに、デスクトップとサーバーで50パーセント、ノートパソコンとモトローラ製品(携帯端末)で30パーセントのエネルギー効率化を実現することを発表しています。
環境目標に加え、ダイバーシティ&インクルージョンについても積極的に取り組みをし、2025-2026年度までに全世界で女性役員の割合を27パーセント(2020年は21パーセント)、マイノリティの役員の割合を35パーセント(2020年は29パーセント)にするという、新たな目標も設定しています。
また、2020 年度は自社の運用ガバナンスの改善に努め、会社全体で ESGに取り組み、Corporate Knights 社による世界で最も持続可能な企業のトップ 100 にもランキングをいたしました。
今後も 2025 年から 2026 年にかけての新世代の目標に向かって邁進すると共に、製品とサービスの提供、持続可能な事業の導入へのコミットメントを通して、よりスマートな未来の構築に向けて決意を新たに献身していく予定です。
参考動画:https://youtu.be/QUbJq2UGIEQ


【レノボについて】
Lenovo(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、世界180の市場にサービスを提供し、Fortune Global 500に含まれる売上高600億米ドルの企業であり、スマートデバイス、インフラシステムなどにより最高のユーザーエクスペリエンスを提供し、Smarter technology for allを実現させるビジョンを持ちます。世界を変革するテクノロジーを提供することであらゆる場所のすべての人が信頼できるサステナブルなデジタル社会を創出するために、デバイス、インフラストラクチャ、ソリューション、サービス、ソフトウェアを提供します。
レノボの詳細については、https://www.lenovo.com/jp/ja/でご覧いただけます。
11 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る