NEWS

Reuse and Reduce 放置自転車のシェア転用、始めます〜 大学生たちによるSDGsの挑戦 〜

2021.12.15

大阪大学、千葉大学、一橋大学のキャンパス内シェアサイクル『COGOO(コグー)』を運営する学生と共に、主に卒業生が放置していく自転車をシェアサイクルに転用する取り組みを開始いたしました。

■経緯・背景
われわれは大学で毎年発生する卒業生の放置自転車およびその廃棄処理を社会課題と捉え、大学生が無料で使えるシェアサイクルの提供を通じ、全国の大学生メンバーと共にその解決に取り組んできました。
従来、運営側が用意する専用車両のみでサービスを展開してきましたが、今般、さらなる課題解決に向け、放置される前に卒業予定者が所有している自転車を回収し、シェアに転用していく取り組みを開始した次第です。


■取り組みの概略① シェアサイクル化
卒業時、大学に放置される自転車をCOGOOが学生から回収し、シェアサイクルへと転用します。

■取り組みの概略② リース化
自転車必須層(主に一人暮らし)にリースで自転車を提供し、「所有」から「シェア利用」への移行を実現します。

■取り組みのメリット
大学だけでなく地域や社会に対して、広くインパクトを及ぼす活動であると考えます。
・放置車両が減り、景観や安全面の改善に寄与
・移動・費用の面で学生の役に立ち、キャンパスライフの質が向上
・大学が毎年の車両廃棄にかけるコストを削減
・SDGsの目標12「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」の達成に寄与
・身近な課題を学生自らが解決する「自走モデル」の提示
・モノを「シェア」し「大切に使う」考え方の伝播

■対象となる大学

現在、COGOOは一橋大学・千葉大学・大阪大学の3大学で展開しております。
今回、まずは一橋大学から取り組みに着手し、漸次、他全国の大学への展開も検討中です。

■企業・団体様へのお願い
学生向けの無料シェアサイクルであるCOGOOは、企業・団体様からの協賛金が活動の支えです。
社会課題の解決・学生主導のSDGs活動を応援していただける企業・団体様がいらっしゃれば、ぜひ一度お話の機会をください。

■協賛のメリット
協賛の御礼として、車体やアプリ(開錠・施錠時に必ず使います)の広告枠や学生との交流機会等を提供致します。
・自転車の車体広告
・アプリ内のバナー広告
・キャンパス内外に点在する駐輪場広告
・COGOOのロゴ使用権
・登録学生へのDM(規定あり)
・サイト掲載
【お申込みに関するお問い合わせ先】
本件担当:大谷(オオタニ)
TEL:03-6862-1017
e-mail:contact@cogoo.jp

■会社概要
社名:株式会社ツナググループ・ホールディングス
住所:〒100-0006東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町3階
代表者:代表取締役社長 米田 光宏
URL:https://tghd.co.jp
9 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る