NEWS

LIXIL住宅研究所 2021年 我が家のサステイナブル調査

〜家庭においても「サステイナブルを意識した取り組み」が必要だと思う方が92.2%〜


株式会社LIXIL住宅研究所では、全国の既婚者の女性を対象に2021年に我が家で行ったサステイナブルへの取り組みに関する調査を実施しましたのでご報告します。有効回答:537、調査時期: 2021年11月25日から12月2日です。


■調査結果について
2021年に我が家で行ったサステイナブルな取り組みは、「レジ袋をもらわないで、マイバッグを持参することを徹底した」が最も多く、7割以上に達しています。続いて、「シャンプーや洗剤などは、ボトルを買わずに詰め替え用を選ぶようにした」64.8%、「ごみの分別を徹底し、できるかぎり資源ごみ(=リサイクル)に回すようにした」「フードロスをできるだけなくすように食材を使い切るようにした」がともに5割以上となっており、多くの家庭で様々なサステイナブルな取り組みを進めていることが判明しました。
また、家庭においても「サステイナブルを意識した取り組み」が必要だと思う方が92.2%と意識が高く、家庭で「サステイナブルを意識した取り組み」を進めている理由としては、「地球環境を守るため」「地球温暖化を防ぐため」が5割以上となっています。さらに、来年、家庭でやってみたい「サステイナブルへの取り組み」としては、「ゴミになるものの少ない物を購入する」(53歳・兵庫県)、「スーパーでは賞味期限の短い物から買う」(59歳・群馬県)、「コンポストを利用し、生ゴミを堆肥としてリユースしたい」(46歳・群馬県)などがありました。



●2021年 我が家のサステイナブルへの取り組み BEST10

▶️ 家庭においても「サステイナブルを意識した取り組み」が必要だと思う方が92.2%

▶️ 来年、あなたの家庭で新たに行ってみたい「サステイナブルを意識した取り組み」(フリーアンサーから)
・ゴミになるものの少ない物を購入する(53歳・兵庫県)
・過剰に包装されていない商品を選びたい(55歳・東京都)
・スーパーでは賞味期限の短い物から買う(59歳・群馬県)
・環境によい商品を選んで購入する(37歳・大阪府)
・コンポストを利用し、生ゴミを堆肥としてリユースしたい(46歳・群馬県)
・新しい家では、太陽光パネルを設置し、断熱効果の高い家にし、省エネで暮らせるよう計画(34歳・静岡県)



▶️ 家庭で「サステイナブルを意識した取り組み」を進めている理由 BEST3

■調査結果(詳細)


Q1.今年、あなたのご家庭で行った「サステイナブルを意識した取り組み」をいくつでもお選びください。
  N=537(全体)


(年代別) ※塗りつぶした項目は過半数以上が実施

▶️ 本質問の選択肢につきましては、今年、あなたのご家庭で行った「サステイナブルを意識した取り組み」について1,000名の既婚者の女性を対象にしたフリーアンサーによる予備調査の結果をもとに作成しています。


Q2.家庭においても「サステイナブルを意識した取り組み」が必要だと思いますか?(全体)


(年代別)


Q3. 来年、あなたの家庭で新たに行ってみたい「サステイナブルを意識した取り組み」を記載してください

  ※フリーアンサーからの抜粋
 ・ゴミになるものの少ない物を購入する(53歳・兵庫県)
 ・スーパーでは賞味期限の短い物から買う(59歳・群馬県)
 ・家のなかに可能な限り太陽光・熱および自然冷房を取り入れて冷暖房機器の利用を最大限減らす
  (78歳・埼玉県)
 ・電気コンセントから抜き待機電力をも節約する(49歳・大阪府)
 ・着なくなった衣類などを捨てないで、雑巾にしたりする(54歳・富山県)
 ・新しい家では、太陽光パネルを設置し、断熱効果の高い家にし、省エネで暮らせるよう計画
  (34歳・静岡県)
 ・環境によい商品を選んで購入する(37歳・大阪府)
 ・過剰に包装されていない商品を選びたい(55歳・東京都)
 ・コンポストを利用し、生ゴミを堆肥としてリユースしたい(46歳・群馬県)
 ・エレベーターを使わず階段を使う(43歳・兵庫県)
 ・食べ終わったフルーツの種を土や水に入れて、育てまた食べるか観葉植物かにしたい(27歳・東京都)
 ・今までの取り組みを継続したい(40歳・東京都)


Q4.家庭で「サステイナブルを意識した取り組み」を進めている理由をいくつでもお選びください N=518

  ※Q1で「取り組んだことは無い」の回答者を除く、518名に質問(全体)
22 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る