企業、人、未来がつながる
SDGsニュースサイト

SDGsニュース

2021.12.22

地域に根付く産業を活かし、マイプロダクトが福島県昭和村の移住促進を支援

伝統産業や地方での新しい暮らし方をテーマに、映像制作とターゲット検証

今般、myProduct株式会社(以下 、マイプロダクト)は、福島県昭和村(以下、昭和村)と業務委託契約を締結し、村の伝統産業や地方での新しい暮らし方をテーマに、移住促進動画を制作しました。また、YouTube広告による潜在的な移住希望者のペルソナ特定や、ペルソナを意識した移住導線の設計も支援していく予定です。当社は今後も、強みとする「地域産業の活用」を切り口に、多くの自治体の課題解決に伴走してまいります。

カスミソウ農家への門出 「移住者の方に、聞いてみました」

村との出会いと自分の好きなこと 「移住者の方に、聞いてみました」

からむし織が紡いだ村での暮らし 「移住者の方に、聞いてみました」

地域産業と移住促進

コロナ禍を背景に近年、首都圏に住む若い世代を中心に、地方での暮らし方に新たな価値を見出し、移住を検討する人々が増加傾向にあります。こうした外部環境の変化において、地域に根付く「産業」は、それを取り巻く豊かな自然や、受け継がれてきた伝統文化、従事する魅力的な人々の拠り所であり、移住促進の強い訴求点になると、当社は考えています。

昭和村との協業

昭和村とは協議を重ね、村への移住者のリアルな日常や、からむし織やカスミソウ栽培など、村の伝統文化・自然環境と結び付いた仕事などを中心に、今回の動画を制作することを決めました。村の伝統産業や地方での新しい暮らし方を見せていくことで魅力を伝え、ターゲットとする若い世代に向けて発信することで、移住促進を図ることを目的としています。

現地での映像制作

昭和村には、本年10月から2ヶ月近く、当社の映像ディレクターが入村し、現地で移住者や、農家、伝統産業の事業者らを被写体に、取材を重ねてきました。期間中は村営の古民家に暮らし、昼は湿原の紅葉、夜は満天の星空に息をのみながら、地域の人々の温かさを感じつつ、万感の想いで映像を制作しました。
 (20159)
 (20160)

今後の展望

昭和村では今後、YouTube広告によって測定されたデータを基に、潜在的な移住希望者のペルソナ特定や、ペルソナを意識した移住導線の設計を支援していきます。また、当社としては、本プロジェクトを契機に、同じような課題意識を持つ自治体でも、「地域産業の活用」を切り口に、移住促進・関係人口構築に取り組んでまいります。

17 件
〈 1 / 2 〉

関連記事