• HOME ソトコトNEWS|SDGs・ESGニュース
  • NEWS
  • 【使わない年賀状で子どもに教育を】学校再開後も学習機会を失う子どもを、はがきで支援。コロナ禍で増加する、児童労働と児童婚を撲滅する国内最大級のはがき寄付アクション実施開始!

NEWS

【使わない年賀状で子どもに教育を】学校再開後も学習機会を失う子どもを、はがきで支援。コロナ禍で増加する、児童労働と児童婚を撲滅する国内最大級のはがき寄付アクション実施開始!

2021.12.22

「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」開催期間: 2021年12月26日(日)~2022年3月31日(木)

子どもの権利保護・支援に取り組む国際協力NGOシャプラニールは、コロナ禍で深刻化する児童労働や児童婚など、子どもを取り巻く社会問題の解決に向けた、国内最大級のはがき寄付活動「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」を2021年12月26日(日)~2022年3月31日(木)に実施します。書き損じはがき・未使用はがき・余った切手を全国から集め、子どもの教育支援等に活用します。

サマリー

◆ コロナ禍で子どもの「教育格差、児童労働、児童婚」が増加の危機。国連が警鐘。
◆ 特に南アジアは深刻化。世界でも最も長く学校閉鎖が続いたバングラデシュ。
◆ 「隠された」児童労働と呼ばれる、家事使用人。学校再開後も働く少女たち。
◆ 教育を届ける、老若男女だれもが参加できる国内最大級のはがき寄付キャンペーン。
◆ 一方で「年賀状廃止」の広がりを受け、寄付枚数が激減。65万枚→46万枚に。
◆ 【全国からの支援を募っています】はがき10枚で、子どもの支援活動 1日分に。


子どもの「教育格差、児童労働、児童婚」が増加の危機。国連が警鐘。

新型コロナ感染拡大以降、国内外では子どもの孤立や労働・教育格差・児童婚など、子どもを取り巻く問題が深刻化しています。特に海外では、失業・収入減した家庭が経済的負担を軽減するために、子どもを働きに出したり、結婚させざるを得ない状況が発生。国連の報告では、世界全体で1億6,000万人、子どもの約10人に1人が児童労働に従事し、世界の女性5人に1人、6億5,000万人が児童婚*をしている状況で、それぞれ数百万人が増加の危機にあるとユニセフや国際労働機関が警鐘を鳴らしています。児童婚の約半数はバングラデシュ、インドなど南アジアを中心とした5か国に集中していると推定されています。
 <”隠された児童労働”と呼ばれる「家事使用人」の少女>※コロナ禍前に撮影

 <”隠された児童労働”と呼ばれる「家事使用人」の少女>※コロナ禍前に撮影

学校閉鎖が世界でも最も長く続いたバングラデシュ。 「家事使用人」として働きに出された少女たちが増加

バングラデシュは世界でも最も長く学校が閉鎖された国の一つ。2021年9月に1年半ぶりに学校が再開されましたが、多くの学年はオンライン授業が中心。これは都市部かつ中流階級以上の世帯だけが受けられる形態であり、教育格差は拡大しています。また、一部の子どもたちは学校に戻ることができていません。その理由の多くは、学校閉鎖中に仕事を始めた、もしくは結婚させられたからです。特に、他人の家の家事・子どもの世話をする「家事使用人」は、見つけることが困難で“隠された児童労働”と呼ばれ、バングラデシュで働く少女は33万人以上。学校再開後も働き続けざるを得ない子どもも多く、新たに少女たちが働きに出てくるなど問題は深刻化しています。
<支援センターに通えない少女へ家庭訪問で宿題を渡すスタッフ>

<支援センターに通えない少女へ家庭訪問で宿題を渡すスタッフ>

書き損じ・余ったはがきで、子どもに教育を届ける。 国内最大級、老若男女だれもが参加可能な、はがき寄付キャンペーン。

シャプラニールは、書き損じ・未使用のはがき・切手を全国から集め、バングラデシュやネパールなど南アジアを中心とした海外の子どもの教育支援に活用する「あなたのはがきが、だれかのために。キャンペーン」を2009年から実施。老若男女だれもが気軽に参加可能な「はがき1枚からできる国際協力」として国内に広がり、開始10周年を迎えた2019年には65万枚規模になるなど、書き損じはがき・切手を対象とした単独の寄付キャンペーンとしては、国内最大級となっています。

「年賀状廃止」の広がりを受け、寄付枚数が30%激減。 【全国からの支援を募っています】

しかし、昨今の年賀状離れや、環境問題及びSDGsへの取り組み、リモートワーク普及に伴う企業間の”年賀状廃止”が急速に広がり、2022年用年賀状の発行部数は過去最低を記録。実際にシャプラニールでも2020年~2021年に実施された前回キャンペーンでは、全国からの寄付実績が46万枚と、前々回の65万枚から30%弱にあたる約20万枚が減少大幅に規模が縮小してしまいました。

増加が依然と続く海外の子どもの問題の撲滅に向けて、今年もキャンペーンの開催を決定。全国からのご支援を募ります。デジタル年賀状のサービスなども増えている中、古い切手が残ってしまう場合も予想されますが、本キャンペーンでは余ったはがきだけでなく切手も寄付いただけます。

36 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る