NEWS

幸せの阻害要因 第1位は「将来への不安があること」 朝日広告社、第1回「ウェルビーイングに関する調査」を実施

注目の14のサステナブルキーワードと独自の60のウェルビーング指標による調査

株式会社朝日広告社(本社:東京都中央区/代表取締役 社長執行役員:福地 献一)は、「サステナブルな社会実現のために、一人一人の“よりよく生きる”を考える」をテーマに活動、企業支援を行っている「サステナラボ™」のもと、全国20代~60代の男女計2,000名を対象に、第1回「ウェルビーイングに関する調査」(以下「本調査」)を実施しました。


本調査では、SDGsをはじめとした「14のサステナブルキーワード」の認知・共感度とともに、普段の生活における幸福度や朝日広告社が独自に開発した「60のウェルビーイング指標」を用いた設問等について、聴取および分析を行いました。


■調査結果のポイント
●14のサステナブルキーワードの認知・共感度
・「SDGs」の認知度は約85%。「ウェルビーイング」は約20%に留まり、認知に課題。

・キーワードの認知度については、男性の方が高い傾向。一方、共感度については、女性の方が高い傾向となった。認知・共感度で、性別による認識のギャップが見られた。


●ウェルビーイング意識
・普段の生活において、66.2%が「幸せ」だと思うと回答。

・60代の幸福度が高く、40代が低い結果に。幸福度に年代間格差が見られた

幸せの阻害要因は「将来への不安があること」が最も高い結果となった。

・性年代別では他に比べ「女性30代」が多くの課題を抱えている傾向が窺えた。

・「自分自身」に関連するウェルビーイング指標についての充足度は、40代が他の年代に比べ低い傾向にあることがわかった。


■調査結果の詳細
●14のサステナブルキーワードの認知・共感度
・各キーワードの言葉の認知状況について聞いたところ「SDGs」の認知率が84.2%とトップ。  「内容まで知っている」も4割を超え、社会に浸透してきたことが窺える。次いで、「ダイバーシティ」が80.1%、「地方創生」が78.8%という結果となった。【図表1】

・一方で、「ウェルビーイング」の認知率は、21.5%。約5人に 1人が知っているという状況に とどまり、さらなる周知が課題といえる。【図表1】
・認知率を性別で比較すると、14のキーワード平均について、男性50.9%、女性45.3%となり男性の方が5.6pt高い結果となった。【図表2】
・また、共感度についても性別で比較すると、14のキーワード平均について、男性49.2%、女性59.0%となり、女性の方が9.8pt高い結果となった。【図表3】

・また、共感度について女性の方が男性に比べて10pt以上高かったキーワードは、「サステナブルフード」「サステナブルツーリズム」「エシカル消費」「フェムテック」「エイジンググレイスフリー」「フェーズフリー」の6つとなった。【図表3】


●ウェルビーイング意識(幸福度と幸せの阻害要因について)

・普段の生活における幸福度について聞いたところ、全体として「非常にそう思う」「ややそう思う」の合計が66.2%という結果となった。【図表4】

・また、性年代別に見てみると、「男性50代(56.5%)」「男性40代(57.0%)」「女性40代 (61.5%)」の順に数値が低い結果となった。40代が幸福度の低い年代と言える。【図表4】 

・一方、普段の生活において「幸せ」を阻害しているものについて聞いたところ、「将来への不安があること(36.8%)」が最も高く、次いで「収入が少ない・不安定なこと(34.6%)」「精神的なストレスがあること(31.2%)」という結果となった。【図表5】

・また、性年代別に見てみると、「女性30代」が経済的な項目をはじめ多くの項目で数値が高く、「幸せ」の実現を阻む様々な課題があることが窺える。【図表5】 
21 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る