NEWS

魚の旨さを熟知した老舗魚屋がつくるサステナブルなペットフード 希少な国産「九州<宮崎産チョウザメ>100%使用」

クラウドファンディング【MAKUAKE】スタート!


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、SDGsな食材ブランド「宮崎 -森のチョウザメ-」を使用したサステナブルなペットフード開発に伴い、株式会社九州築地 (宮崎県宮崎市)は2022年1月11日(火)MAKUAKEにてクラウドファンディングを開始することになりました。

人とペットが“同じ食材で一緒に食卓を囲める”という新しさを含む「宮崎-森のチョウザメ- sustainable PET FOOD」


九州築地から2021年10月に誕生した「宮崎-森のチョウザメ-」は、宮崎・日南の深い森の中で育てられたチョウザメを、自宅で簡単に調理できる切り身として販売をスタートしたブランド。

キャビアのイメージが強いチョウザメはクセがなく、旨みが詰まった白身魚。和・洋・中さまざまな料理に好相性の食材です。


今回の商品は「宮崎-森のチョウザメ-」の新プロダクトとしてチョウザメの魚肉と軟骨を100%使ったペットフードとして誕生しました。
飼い主とペットが共に同じメニューを食べられるという新しい体験をお届けできるプロダクトとなっています。

地球に、みんなに、おいしい。チョウザメだけを使ったペットフードがサステナブルな食材の理由


今回のプロダクトに使用しているのは九州築地の取り扱う「宮崎-森のチョウザメ-」。チョウザメの効果・効能の魅力だけでなく、昨今社会的に大きなテーマとなっているフードロス問題の解決や、SDGsに大いに貢献するプロダクトでもあります。

というのも、悲しいストーリーではありますが、これまでチョウザメは卵であるキャビアを採取されたメスはもちろん、オスも食べられることなく廃棄されていることも多くありました。今、私たちが未来に向けて掲げる持続可能な開発目標「SDGs」実現のためにも、このチョウザメをおいしく食べることは、地球にとっても「おいしい」ことなのです。

ビタミンD、カルノシン、コラーゲンなどが凝縮チョウザメは人にも動物にも嬉しい栄養素の宝庫!

近年の調査で非常に栄養価の高い魚であることが分かってきました。
代表的な栄養素としてあげられるのが「ビタミンD」、「カルノシン」です。
加えて、皮の60%以上は「コラーゲン」また、体内で合成できない必須脂肪酸である「オメガ3脂肪酸」や「オメガ6脂肪酸」もバランスよく含まれていることが研究結果で分かっています。

26 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る