NEWS

新時代のオフィスの在り方「共創の場」に向けたオフィス家具!1月6日より「A.T.I.C(アティック)vol.8」集大成の第3弾商品販売を開始

リチャージ・高集中のシーン向けた全11シリーズを展開。

TOP画像:KOTONA(コトナ)シリーズ

創業69年、飲食・ホテル・オフィスをはじめ多様な業種に家具を納入する業務用家具メーカーの株式会社アダル(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:武野 龍、以下、「アダル」)は、2022年1月6日より、コロナ禍で加速する新時代のオフィスの在り方「共創の場」がキーワードの家具コレクション「A.T.I.C(アティック)vol.8」の第3弾商品の販売を開始いたします。
ブランドサイトURL:https://www.adal.co.jp/atic/


新時代のオフィストレンド「自由で柔軟な発想を促す共創の場」を実現する「A.T.I.C(アティック)」

近年、ニューノーマル時代のオフィスのトレンドとして「共創の場」が注目を集めておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、その機運がさらに高まっています。
従来の一般的なオフィスは、ワーカーは執務スペースのデスクで実務を行い、ミーティングは会議室で行う、と明確に分離されていましたが、生産性を高め自由な議論と斬新な発想を促すには、より自由で柔軟なオフィス環境を整えることが重要とされています。
TOFFEE(トフィ)シリーズ

TOFFEE(トフィ)シリーズ

このようなオフィス空間へのニーズの変化を受け、アダルはワーカーの活動内容に合わせ適切な環境を提供する「ABW(Activity Based Working)」という考え方に基づき、「A.T.I.C(アティック)vol.8」を全3回に分けて展開して参りました。これまで、2021年5月に第1弾「エントランス」向けに全26シリーズ、8月に第2弾「コワーキング」「ミーティング」「カンファレンス」向けに全41シリーズ、11月に第2弾商品の追加リリースとして全2シリーズを発表し、今回集大成となる第3弾商品を発表いたします。

◎A.T.I.C vol.8ブランドサイトURL
 https://www.adal.co.jp/atic/

第3弾リリースのテーマは「リチャージ」「高集中」

3回にわたって展開をしてきた「A.T.I.C(アティック)vol.8」の最後のテーマは「リチャージ」と「高集中」です。オフィスシーンとしては、一見正反対のように思えるシチュエーションですが、“心が落ち着き、リラックスすることが必要”という意味では同じ要素があるとアダルは考えています。
ENFOLD LOUNGE(エンフォールド ラウンジ)

ENFOLD LOUNGE(エンフォールド ラウンジ)

「A.T.I.C(アティック)vol.8」シリーズの全体を通して訴求をしてきた“家具の持つ情緒的な価値”を体現するファブリックの手触り、木の温かみ、柔らかな形状、思わず楽しい気持ちになってしまうようなデザインを施した全11シリーズ、48商品を展開します。

代表モデル

KOTONA(コトナ)
ENFOLD LOUNGE(エンフォールド ラウンジ)


1人掛ソファ パーソナルパネル(ハイ)付
寸法: W1040 D770 H1300 SH420
定価:280,500円~(税込)

フィンランド語で「アットホームで、お気楽に」という意味がこめられたシステムソファです。ワークプレイスの中にゆったりとした空間を創ることをコンセプトとして開発いたしました。
KOTONA(コトナ)シリーズ レイアウトイメージ

KOTONA(コトナ)シリーズ レイアウトイメージ

パーティションにはボタン締めをあしらい、視覚からもリラックスできるようなデザインに。空間を緩やかに仕切るパーティションはハイタイプとロータイプの2種類の展開です。


30 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る