NEWS

“奥多摩発 五感をひらく、源流への道 ”JR青梅線沿線を“まるごと”楽しむ「沿線まるごとホテル」宿泊プランを販売開始!

2022.01.12

奥多摩の森林散策や多摩ガストロノミーディナー付き ~2022年2月4日から22日までの期間限定~


 全国各地で地域活性化やビジネス創出を支援する株式会社さとゆめ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋田俊平、以下「さとゆめ」)と、東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)は、共同出資会社「沿線まるごと株式会社」を2021年12月3日に設立しました。
 このたび沿線まるごと株式会社は、山梨県小菅村で古民家ホテルを営む「株式会社EDGE(以下「EDGE」)と連携し、JR青梅線「奥多摩駅」をスタート地点として始まる沿線まるごとホテルプラン「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」を2022年2月4日(金)から22日(火)までの期間限定で販売します。また、2022年1月7日(金)より本プランの予約を開始します。 




1.沿線まるごとホテル「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」について
 「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」は、「奥多摩のくらしを五感で触れる」をコンセプトに、JR青梅線・奥多摩駅の近くにある氷川渓谷や登計(とけ)トレイル、登計集落での散策を通して、五感を開放し、普段の生活では感じられない発見や心地よさを体験してもらうことを目的にしています。また、宿泊先の古民家ホテル(山梨県小菅村にある「NIPPONIA 小菅源流の村」)では、五感で味わう多摩ガストロノミーをご提供し、食事でも奥多摩の食材やお酒を味覚で楽しんでもらう、奥多摩の森をイメージした創造的なディナー内容となっております。
2022年2月4日(金)から22日(火)までの期間限定プランになっており、1月7日(金)より予約受付を開始します。詳しくは、以下の概要をご参照ください。


(1)「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」の概要
【プラン名称】 沿線まるごとホテル「奥多摩発 五感をひらく、源流への道」
【コンセプト】 奥多摩のくらしを五感で触れる
【対象期間】  2022年2月4日(金)~2月22日(火)
         ※水曜日・木曜日は定休 ※1日3組限定(1組2名まで)
【プラン料金】 1泊2食&奥多摩の森でのアクティビティ付き おひとり29,700円(税込)
【ご予約】     2022年1月7日(金)より、以下の特設サイトにてご予約を承ります。
         https://marugotohotel-omeline.com/

【QRコード】
QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

(2)当日スケジュールイメージ ※雨天の場合、別プランをご用意します
① JR青梅線・奥多摩駅でチェックイン ※お昼ご飯はお客さま各自でお済ませください
② ガイドウォーク開始(氷川渓谷さんぽ⇒登計トレイル⇒登計集落さんぽ)
③ 山梨県小菅村へ移動、
 古民家ホテル「NIPPONIA小菅 源流の村」(https://nipponia-kosuge.jp/)に到着
④ 小菅の湯(※)、焚き火の体験  ※金曜日は定休日のため、翌朝ご利用可能
⑤ 夕食のご提供(五感で楽しむ多摩ガストロノミー)
⑥ ホテルの客室でご滞在
⑦ 朝食のご提供(山梨県小菅村の郷土料理)
⑧ チェックアウト、JR青梅線・奥多摩駅へ送迎



(3)五感をひらく、源流への道 7つの体験コンテンツ
①森でゆっくり深呼吸

目を閉じながら、おなかが膨らむくらい森の空気を吸い、ゆっくり息を吐く深呼吸。
静かな奥多摩の森で、五感を研ぎ澄ましリラックスをしてみてください。川が流れる音、鳥のさえずり、風で揺れる葉の音など、森の音色が癒してくれます。


②林床(りんしょう)を見る

普段の生活ではじっくりと見ることのない森に生えているコケや植物を特殊なルーペで観察することで、初めて見る自然の世界観を視覚で感じることができます。
時間を忘れてゆっくりと自然が生んだ“結晶”を観賞してください。


③森の中に生える植物の葉や茎の匂いを感じる

森の道の途中にある休憩所(ステーション)にある薪ストーブで、体を温めながら、ハーブティーを飲んで休憩できます。
まわり一面の森と薪ストーブを見つめながらお茶が飲める、そんな贅沢な時間を過ごせます。


④薪ストーブで温まりながら、ハーブティーで体を和らげる

森の道の途中にある休憩所(ステーション)にある薪ストーブで、体を温めながら、ハーブティーを飲んで休憩できます。
まわり一面の森と薪ストーブを見つめながらお茶が飲める、そんな贅沢な時間を過ごせます。
32 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る