• HOME ソトコトNEWS|SDGs・ESGニュース
  • NEWS
  • 太陽光発電と宅配用EVをAIで最適制御するエネルギーマネジメントの実証実験を開始(アイ・グリッド・ソリューションズ × 伊藤忠商事 × ヤオコー 実証実験第二弾)

NEWS

太陽光発電と宅配用EVをAIで最適制御するエネルギーマネジメントの実証実験を開始(アイ・グリッド・ソリューションズ × 伊藤忠商事 × ヤオコー 実証実験第二弾)

~エネルギー×モビリティ×AIでラストワンマイル物流でのEV普及・脱炭素化を推進~


グリーンテックを推進し、グリーンエネルギーが地域をめぐるサスティナブルな世界の実現を目指す株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:秋田 智一、以下「アイグリッド」)と子会社の株式会社アイ・グリッド・ラボ(以下「ラボ」)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:石井敬太、以下「伊藤忠商事」)とともに、埼玉県内で展開するスーパーマーケット株式会社ヤオコー(本社:埼玉県川越市、代表取締役社長:川野 澄人、以下「ヤオコー」)川越的場店にて、店舗の太陽光発電・蓄電池・V2Hとネットスーパー用EVをAI(強化学習)により最適制御するエネルギーマネジメントシステムの実証実験を2022年1月より開始します。

「エネルギー×モビリティ×AI」で実現するラストワンマイル物流の脱炭素化

ヤオコー川越的場店においては、アイグリッド子会社である株式会社VPP Japan(本社:東京都千代田区、代表取締役:秋田 智一、以下「VPP Japan」)によりPPA モデル(第三者所有モデル)で自家消費太陽光発電 (以下:自家消費太陽光 )を導入いただいております。更に、2021年6月には実証実験の第一弾として蓄電池を導入し、「R.E.A.L. New Energy Platform®」によるエネルギーマネジメントの実証実験を実施いたしました。

今回は実証の第二弾として、ネットスーパー用宅配車両にEV車を導入し、AI(強化学習)による最適なエネルギーマネジメントを行うことで「エネルギー×モビリティ×AI」によるラストワンマイル物流の脱炭素化を目指します。「R.E.A.L. New Energy Platform®」のAI(強化学習)が、宅配スケジュールやEVの電池残量、及び店舗の太陽光発電量・電力消費状況・蓄電池残量等を逐次学習した上で各機器を自動制御。宅配時以外はEVも店舗用の蓄電池として活用し、最適な充放電管理(エネルギーマネジメント)を行います。実証実験を通じ、店舗運営・宅配業務いずれの快適性と運用性も損なわない形で、CO2排出量及びエネルギーコストの削減を実現します。
【実証実験イメージ】

【実証実験イメージ】

宅配用軽EVと太陽光発電・蓄電池をAI(強化学習)により最適制御

本実証実験では、主に下記二点を検証する予定です。


1.EVを活用したエネルギーマネジメントの有効性検証
配送時間以外は宅配用EVをV2H充放電機に常時接続し、「第二の蓄電池」として店舗で活用。「R.E.A.L. New Energy Platform®」のAI(強化学習)を用いたエネルギーマネジメントにより、既設の太陽光発電と蓄電池及び宅配用EVの充放電を自動制御することで、ピークカット効果等による店舗の電気料金削減、BCP時電源としての活用、及び店舗運営と宅配業務のトータルCO2排出量削減を目指します。


2.宅配用EVの快適性・運用性の検証
車両は、AZAPA株式会社(本社:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長&CEO:近藤 康弘)が開発した軽自動車規格のEVバンを採用。宅配実務を担うアサヒロジスティクス株式会社(本社:埼玉県さいたま市大宮区、代表取締役社長:横塚 元樹)の協力の下、快適性(乗り心地・操作性)、運用性(充放電と配送業務の連携)、経済性(電費)、及びCO2排出量など様々な要素を、既存のガソリン車と比較検証します。

脱炭素化に向けてEV普及は重要とされていますが、その経済性や充電インフラ整備等が課題となっております。本実証実験では、軽EVを活用したラストワンマイル物流に特化することで、商用EVの導入コスト削減や、太陽光発電設備のある配送用店舗・物流施設等での充電インフラ整備も可能になるため、普及に向けた課題を解消出来るものと我々は考えます。また、EVは非常用電源としても活用出来るため、周辺地域に対するレジリエンス強化も可能となります。

さらに、今後の分散電源の普及拡大に伴い、送配電網安定化のための調整力もより重要になってきます。今回の実証実験を経て、将来は「R.E.A.L. New Energy Platform®」により、EVを調整力として活用することも目指していきます。



◆R.E.A.L. New Energy Platform®とは
【実証実験イメージ】
AI・IoT・クラウド・デジタル技術を活用した、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーをネットワーク化して、蓄電池、EVとも連携して再生可能エネルギーを循環させる分散・集約型の新しい電源マネジメントシステム。

※「R.E.A.L.」は、Renewable 再生可能エネルギー、Economical 経済的、Aggregate 分散集約型、Local 地域循環の頭文字



■株式会社アイ・グリッド・ソリューションズについて
アイ・グリッド・ソリューションズは、仮想発電所(VPP)事業、エネルギーマネジメント事業、電力供給事業を通した脱炭素ソリューションを統合的に展開するエネルギーサービスプロバイダー。グリーンテックを推進し、グリーンエネルギーが地域をめぐるサスティナブルな世界の実現を目指します。

■社名:株式会社 アイ・グリッド・ソリューションズ
■本社所在地:〒102-0083東京都千代田区麹町3-7-4
■代表者:代表取締役社長 秋田 智一
■資本金:5,023百万円(2021年11月時点)※資本剰余金含む
■従業員:100名
■設立:2004年 2月
■会社HP:https://www.igrid.co.jp/
■オウンドメディア「グリラボ」:https://gurilabo.igrid.co.jp/
7 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る