NEWS

SDGsに紐づく事業のつくり方を公開。12年の社会課題領域での専門性を生かし、リディラバが企業の新規事業開発をサポート

2022.01.21

社会課題起点の新規事業をつくるための考え方を体系化し、ウェブサイトで解説

12年以上にわたり社会課題に特化した事業を行う株式会社Ridilover(代表取締役:安部敏樹 以下「リディラバ」)は、社会課題起点の事業開発におけるポイントを体系化し、具体的な手法と共に解説したウェブサイト
https://ridilover.jp/BizDev/>を公開いたしました。
今まで多くの企業の皆様と対話する中で、社会課題を事業化する上での悩みをたくさん聞いてきました。当サイトの公開を通じて、より多くの企業と事業化のポイントを共有し、社会課題を解決する事業創出にチャレンジしてまいります。



■サイト公開の背景
リディラバは社会課題の解決を目指し、12年以上にわたり社会課題に特化したメディアやスタディツアーなどを通して、社会課題の現場と向き合ってきました。そして一昨年からは企業、省庁、自治体、ソーシャルセクターと連携しながら、社会課題を解決するための「事業創出」に取り組んでいます。

近年「SDGs」や「 ESG投資」が世間でも頻繁に謳われるようになり、「社会課題をビジネスで解決する」ことを目指す企業も増えてきました。しかし、課題の解決と事業性を両立する事業をつくることが難しいという声をよく聞きます。


社会課題と企業の両方に向き合う中で、社会課題の事業化におけるポイントが体系化されていないことが一つの要因だと考えたリディラバは、プロセスや考え方を体系的に整理し、企業の皆様と共有するために、当サイト(https://ridilover.jp/BizDev/)を制作いたしました。
当サイトの公開を通じて、企業の皆様とともに事業をつくり、一つでも多くの社会課題が解決されることを目指します。


■体系化の内容
社会課題起点の新規事業の立ち上げにおけるポイントを図のように整理しました。企業の皆様からよく聞くお悩みや考え方のポイントを各ステップごとに解説しています。
事業立ち上げのためにリディラバが提供する具体的なサービス等は、サイトをご覧ください。
https://ridilover.jp/BizDev/


■企業情報
会社名    :株式会社Ridilover(リディラバ)
設立       :2013年3月28日
所在地    :東京都文京区本郷3-9-1井口ビル2階
代表者    :安部 敏樹(あべ・としき)
資本金    :2327万円
事業内容 :調査報道(エンゲージドメディア・コミュニティ)/教育(スタディツアー)/企業の人材開発/社会課題領域における事業化支援/社会問題に関する調査および政策支援
資格       :東京都知事登録旅行業 第2 - 6 6 9 8 号 (社) 全国旅行業協会正会員

■お問い合わせ先
下記リンクからお問い合わせください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/a5a87290234788
3 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る