NEWS

ひとり親の母子家庭などを救うNPO団体・一般社団法人にお米の寄付を行う活動を開始致します。

2022.01.21

社会的ベンチャーキャピタルによるお米の寄付活動!

社会的ベンチャーキャピタルとしてシード、プレシード期のスタートアップに投資及びハンズオンでの経営支援を行なっている株式会社RiskTaker(代表取締役:冨山智広、以下「当社」)は、2022年1月より社会貢献活動の一環として、NPO法人わたしと僕の夢、一般社団法人umau.にお米の寄付活動を開始したことを発表いたします。

当社は、「RiskTakeする人を増やし世界の変化を加速する」というビジョンの基、社会的VCとして、ハンズオンでの事業立ち上げ/立ち上げ支援及び、スタートアップアクセラレーションを行なっています。

2022年1月より社会貢献活動の一環として、「様々な家庭環境に育つ子どもたちに教育を通して生きる力を身につけさせる」という活動理念の基、福岡県久留米市で活動するNPO法人わたしと僕の夢、及び「一人親家庭など様々な状況下にある家族の実家となる法人」を目指し、福岡県久留米市で活動を行なっている一般社団法人umau.に一年間毎月165キロのお米を寄付する活動を開始いたしました。

当社の寄付活動理念について


近年、海外では寄付活動が一般的な文化として深く根付いております。
ソーシャルベンチャーキャピタルとして活動する当社におきましても、チャリティ・ボランティア活動や、環境活動を通して寄付活動の素晴らしさを啓蒙し、支援の輪が広がる社会作りに寄与すると共に「日本において寄付が一般化」することを目指し活動を続けて参ります。

寄付パートナー企業 代表 藤川 欽三について


株式会社 米のさくらや:https://yumepirika.com/
株式会社 やお八:https://yaohachi.jp/teaser/

米のさくら屋、やお八の創業者である藤川欽三は2009年、北海道産のお米「ゆめぴりか」を中心に、厳選した北海道の安心・安全なおいしいものをお届けするオンラインストア「米のさくら屋」を創業。2012年、2013年、2015年に「ネットショップ大賞」を受賞。その後、2015年に野菜の卸販売事業に参入。既存の青果の流通にはお客様の元に届くまでの多数の無駄が存在することに気づき、当社出資先企業でもある、株式会社やお八を創業した「やお八」では物流の無駄を削減し、コストを抑えた鮮度の良い品をお客様に提供することで八百屋業界に革命を起こすことを目標としている。

NPO法人わたしと僕の夢について


NPO法人 わたしと僕の夢:https://www.watashitobokunoyume.org

2010年に広がる格差社会の中、経済的に困窮している母子家庭などを支援しようと福岡県久留米市にて「わたしと僕の夢」として無料の塾活動を開始。現在は学習支援のみならず、生活支援や職業体験、社会見学などの体験の機会提供を行なっている。

一般社団法人umau.について

一般社団法人 umau.:https://umau-llc.localinfo.jp

2014年にママを一人にしない母子家庭団体SWAKとして活動をスタート。
合同会社を経て、一般社団法人umau.を設立。こどもの見守り事業や、ひとり親家庭への食材配達活動などを行なっている。
18 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る