NEWS

「安全な旅」を描いたフィリピンのPR動画 持続可能な観光を訴求する優れた作品としてコンペティション受賞

2022.01.22

「ベスト・ツーリズム・ビレッジ」にはセブ島・アロギンサンが選出

フィリピン政府観光省は、国連世界観光機関(UNWTO)が主催する「ツーリズム・ビデオ・コンペティション」において、同省が制作した「Have A Safe Trip, Pinas to」が、「Exceptional Stories of Sustainable Tourism(持続可能な観光の訴求で特に優れたストーリー)」として受賞したことを発表しました。
また、UNWTOが選定する2021年の「ベスト・ツーリズム・ビレッジ」には、セブ島南西部の町、アロギンサンが選ばれました。



フィリピン政府観光省(東京都港区 東日本代表:ニール P. バレステロス)は、国連世界観光機関(UNWTO)が主催する「ツーリズム・ビデオ・コンペティション」において、同省が制作した「Have A Safe Trip, Pinas to」が、「Exceptional Stories of Sustainable Tourism(持続可能な観光の訴求で特に優れたストーリー)」として受賞したことを発表しました。

ツーリズム・ビデオ・コンペティションは、世界各地域の観光を訴求する優れた映像作品を選出するもので、「Tourism and the Decade of Action(観光と行動の10年)」、「Exceptional Stories of Sustainable Tourism」の2つのカテゴリで審査されました。

「Have A Safe Trip, Pinas to」は、アジア太平洋地域における「持続可能な観光の訴求で特に優れたストーリー」として受賞しました。(UNWTOの発表: https://www.unwto.org/news/2021-unwto-tourism-video-competition-winners

同作品は2020年11月に発表されたもので、ボラカイ島を訪れた男女が出会い、フィリピンの美しい海や観光などの様々なアクティビティを楽しみ、結婚するまでのストーリーを描いています。パンデミックの中でも適切な感染対策を講じ、安全で楽しい旅行が可能であると同時に、男女を心温かくサポートする地域の人々を描くことで、ツーリズムは地域を活性化し、観光客だけではなく地域の人々も幸せにすることができるという可能性を示しています。
       

「Have A Safe Trip, Pinas to」動画

Have a Safe Trip, Pinas

また、2021年12月にスペイン・マドリッドで開催された第24回UNWTO総会では、2021年の「ベスト・ツーリズム・ビレッジ(BTV)」が発表され、フィリピンからはセブ島南西部の町、アロギンサンが選ばれました。
BTVは、地域コミュニティの伝統と文化を保全するために、観光の強みを活かした優良事例を求めるべく、持続可能な開発目標(SDGs)に沿って新しい形で観光事業を実施する地域を選定するものです。

アロギンサンは、マングローブ、鳥類などの豊かな自然の残るボジョ川でのエコカルチャーツアーが人気です。小型ボートで川の流域を巡りながら漁村の生活や動植物の生態を観察するツアーは、地域コミュニティの伝統や文化と自然の両方を楽しむことができます。

小型ボートでボジョ川を巡るエコカルチャーツアーが人気 Photo by Erwin Lim

小型ボートでボジョ川を巡るエコカルチャーツアーが人気 Photo by Erwin Lim

フィリピン政府観光省について
フィリピン観光省は、フィリピンでの観光産業を普及、促進、発展させることを目的にしている政府機関です。日本国内でフィリピンの観光地や文化などを紹介する様々な観光誘致を行っています。

フィリピン観光省 公式サイト: https://philippinetravel.jp/

SNSアカウント
Instagram: @philippinetravel jp
Twitter:@PhilTravelJP
Facebook : @PhilippineTravelJP
5 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る