NEWS

気仙沼の規格外いちごと未利用のチョコレートを使ったアップサイクルチョコレートを開発

2022.01.27

食品ロス削減を目指すロスゼロ、気仙沼市団体、JTBが協業

食品ロス削減を目指す株式会社ロスゼロ(以下、ロスゼロ)、気仙沼市の新しい挑戦を創出・サポートする気仙沼まち大学運営協議会、交流創造事業を推進する株式会社JTB(以下、JTB)は、気仙沼市のいちご農家で発生した規格外いちごと、使われないままのチョコレートの製菓材料を組み合わせ、アップサイクル食品「気仙沼 みなといちご」を共同開発しました。1月28日(金)からロスゼロオンラインショップ、2月2日(水)から日本橋三越本店にて期間限定で販売します。
気仙沼市階上(はしかみ)地区のいちご農家は東日本大震災の津波で栽培施設の9割が流出する被害にあいましたが、現在は若い農家の方も立ち上がり「気仙沼いちご」ブランドの復活に精力的に取り組んでいます。同市で収穫したいちごを余すことなく使う食品ロス削減と被災したいちご農家を応援する地方振興につなげるスイーツが誕生しました。​

(気仙沼市階上地区でいちご農家を営む「シーサイドファーム波路上」佐藤代表。同地区でいちご農家の復活をめざしている)
(不揃いで出荷できないいちごをフリーズドライ化し、未利用で上質素材のホワイトチョコレートと合わせた。あえて形を活かし、メッセージ性のあるスイーツとして商品化)


■開発に至った背景
ロスゼロは、使われないまま廃棄される資源を生まれ変わらせたアップサイクルブランド「Re:You(りゆう)」を「食べる理由がある」との思いを込めて2021年1月から展開しています。
JTBは、全国各地の魅力的な人・モノ・場所・体験を地域の皆さまと発掘し、ふるさと納税サイト「ふるぽ」「ふるさとLOVERS」で発信するとともに、返礼品の開発にもつなげています。
日本の食品ロスは年間570トンに及び(※)、生産現場でのロスも含め、日本全国で発生している未利用の資源を減らして循環させる社会への変化が求められています。食品ロス削減と地域の魅力再発見、それぞれの分野で社会課題の解決にアプローチする中で考えが一致し、2021年11月より両社は連携を開始しました。(※農水省「食品ロス量(令和元年度推計値)の公表」より)
未利用の高級チョコレート材料やドライフルーツを使ったチョコレートは、JTBが運営するふるさと納税サイト「ふるぽ」に神戸市の返礼品として掲載されています。
協業する中で、気仙沼市階上地区でいちご栽培の復活を目指す農家の存在を知り、規格外となったいちごと未利用のチョコレート素材を組み合わせ、気仙沼まち大学運営協議会の協力を得てアップサイクル化しました。なお瓶ラベルデザインは気仙沼市在住デザイナーが担当しました。
(気仙沼まち大学運営協議会、ロスゼロ、JTB担当者で何度も商品開発の打ち合わせを重ねた。デザインは「みなとまち」気仙沼の波をイメージ。二次元コードからプロジェクトストーリーへ)
商品名 Re:You 「気仙沼 みなといちご」チョコレート
販売開始日販売場所 (1)先行販売 2022年1月28日 ロスゼロ オンラインショップ

(2)2022年2月2~14日日本橋三越本店本館7階《スイーツコレクション&あんこ博覧会》
販売価格 2600円(税込)
内容量 220g
気仙沼市のみなさんの思い

《地域創生×食品ロス削減》気仙沼市の規格外いちごと、未利用のチョコレートで作るアップサイクルチョコ「気仙沼みなといちご」

ロスゼロの思い、商品開発ストーリー

《地域創生×食品ロス削減》気仙沼市のいちごをフリーズドライにして震災復興を応援

27 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る