NEWS

参加型プラスチックごみ画像収集プロジェクト〜SNSアプリと深層学習による街や海岸での投棄プラごみ量分析技術の確立〜

2022.01.31

株式会社ピリカ(東京都渋谷区、代表取締役:小嶌不二夫)は、国立大学法人九州大学(以下「九州大学」)と国立大学法人鹿児島大学(以下「鹿児島大学」)、国立研究開発法人海洋研究開発機構(以下「JAMSTEC」)、共同でごみ拾いSNS「ピリカ」を活用して、ごみ散乱状況分析の実証実験を開始しました。


海に漂流・漂着するプラスチックごみの80%は陸起源と言われています。ただ、街中や海岸に捨てられたプラスチックごみの総量(個数や重量)や、これが海に流れ出ていく量を、実際に求めることは簡単ではありません。本プロジェクトは2022年1月より2025年3月末まで実施予定で、ごみの散乱状況の現状を、参加型で継続的かつ定量的に調査を行う体制の構築を目指します。

九州大学応用力学研究所の磯辺篤彦教授と、鹿児島大学学術研究院の加古真一郎准教授、そしてJAMSTEC付加価値情報創生部門の松岡大祐副主任研究員らの研究グループとともに、街中や海岸に捨てられたプラスチックごみの画像を収集し、総量の算定に取り組む参加型の研究プロジェクトとなります。
スマホの画像データからプラスチックごみの種類を深層学習で自動判別した結果

スマホの画像データからプラスチックごみの種類を深層学習で自動判別した結果

ごみの種類別現存量をマッピングしたイメージ

ごみの種類別現存量をマッピングしたイメージ


プロジェクトでは、株式会社ピリカの提供する無償のスマートフォン(スマホ)アプリである「ごみ拾いSNS『ピリカ』」を利用します。このアプリをインストールしたスマホで、地域社会のみなさんが街や海岸のプラスチックごみを撮影すれば、これらの画像が日時や位置情報とともに、鹿児島大学やJAMSTECに送信されます。その画像データから、深層学習を用いてプラスチックごみを抽出し、ごみの種類(ペットボトル、レジ袋など)や被覆面積を自動判別する仕組みです。多くの画像データを集めることで、種類別のプラスチックごみ量の推算や、その時間変化の追跡に取り組みます。
スマホアプリは株式会社ピリカのウェブサイト( https://sns.pirika.org )からダウンロードすることができます。現在の日本語版に加えて、2021年度末までにはタイ語版をリリースする予定です。

この研究プロジェクトは、国際協力機構/科学技術振興機構のSATREPS助成(東南アジア海域における海洋プラスチック汚染研究の拠点形成[代表:磯辺])と、環境省環境研究総合推進費(海洋プラスチックごみに関わる動態・環境影響の体系的解明と計測手法の高度化に関する研究[代表:磯辺])の成果を利用しています。

研究者からひとこと


地域社会の皆さん一人ひとりが、お手持ちのスマホを利用することで、海洋プラスチック研究に参加するプロジェクトです。得られた結果は株式会社ピリカ様のウェブサイトを通して、皆様と共有いたします。参加型で作成したビッグデータによって、研究の大きく前進することを期待しています。

株式会社ピリカについて


科学技術の力であらゆる環境問題を解決することを目指し、2011年に大学の研究室で非公式のプロジェクトとして始まり、同年に法人化。様々な環境問題の中でも、一歩目としてごみ(特にプラスチック)の自然界流出問題に注力しています。
ごみ拾いSNS「ピリカ」は、2011年5月15日にリリースし、現在111カ国から累計2億個のごみが拾われています(2021年12月27日現在)。累計ありがとう数は1,500万弱となり、ごみ拾い活動を通じて多くのコミュニケーションが生まれています。導入頂いている企業・自治体・団体は1,500を超え、近年のSDGsへの関心の高まりを受け、環境問題に配慮した行動や消費は、各方面で浸透しつつあります。
さらに、画像解析による広範囲のポイ捨て状況調査サービス「タカノメ」や、マイクロプラスチック調査サービス「アルバトロス」を通じて、海洋・陸のごみの流出状況をオープンデータで発表し、課題発見と解決に向けた協業・連携を展開しています。2021年第1回環境スタートアップ大賞にて「環境大臣賞」受賞。


会社概要
社名:株式会社ピリカ(英名 Pirika, Inc.) 
※ピリカはアイヌ語で「美しい」という意味の言葉です。

所在地:東京都渋谷区宇田川町2−1渋谷ホームズ1308
事業内容:ごみ拾いSNS「ピリカ」の運営/ポイ捨てごみ分布調査「タカノメ」の運営/マイクロプラスチック調査「アルバトロス」の運営
設立年月日:2011年11月21日
URL:https://corp.pirika.org/
8 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る