NEWS

【福島県第一原発立地町 - 双葉町から発信】「『クラフトジンふたば』を販売 ふるさと再生への想いをオンラインツアーで紹介

プレミアムなクラフトジンを味わって、福島県沿岸地域の再生を応援するオンラインツアーです!

株式会社ノットワールド(東京都中央区)は、2022年2月12日(土)に福島県・双葉町を舞台としたオンラインツアーを催行いたします。昨今国産クラフトジンのブームが起こっていますが、今回お届けするのは、福島県内で400本限定販売予定の貴重な品「クラフトジンふたば(500ml)」。そのうちの40本を、当オンラインツアーにて特別に販売しております。ジンの味わいは格別なのはもちろん、その生産・販売に至るまでの多くの方の熱い想いと繋がりも感じ取っていただきます!

このオンラインツアーのハイライト

✔ 福島県第一原発立地町 - 双葉町の「今」と「これから」を知りたい方、必見です!
✔ 関係人口を増やしてまちの活性化を目指しているお二人の双葉町民(山根辰洋さん・髙﨑丈さん)の熱い想いを、生の声でうかがいます
✔ 双葉駅周辺からまちの様子を映しながら生中継
✔ 双葉町クラフトジンの飲めるお店、「髙﨑のおかん」@東京・池尻大橋から生中継
✔ 限定販売の「クラフトジンふたば(500ml)」を自宅で味わえます

オンラインツアー概要

【日 時】
2022年2月12日(土)14:00~15:30@オンライン(Zoom)

【参加費】
Aコース: クラフトジンふたば500ml 1本 ¥5,000(消費税・送料込み)
Bコース: 視聴のみ 無料
※1アカウント おひとりでも友人家族ご一緒でもOK!

《オンラインツアーの流れ》
▶山根辰洋さんの挑戦:
双葉町だからこそできる、地域文化に根ざした新たな価値創造と挑戦!〜私が支援者から町民になったわけ〜
・震災後双葉町の町民となった経緯と、まちの未来のためにしたいこと
▶髙﨑丈さんの挑戦:
「面白い事をやっている、未来性を感じる」双葉町を感じてほしい!
・Art Districtの活動(アート集団「OVER ALLs」との出会い)
・KIBITAKIプロジェクト始動!(クラフトジンメーカー「The Ethical Spirits & Co.」との出会い)
▶みんなで乾杯!: 
誰よりも早く「クラフトジンふたば」を味わおう!
▶山根さん&髙﨑さんの対談: 
これからの双葉町の展望
▶ツアー終了&中締め
▶懇親会: 
山根さん・髙﨑さんと飲み交わしながらおしゃべり
※終了後も30分程度懇親のお時間を取りますので、よろしければご参加ください。

応募要件

​・パソコン(あるいはタブレット)
・インターネット環境
※どなたでも、お気軽にご参加ください!

お申込み方法

https://homusubijapan.com/gin-futaba2/
■Aコース 2月7日(月)受付締切
 ※お酒を含むツアーですので、20歳以上の方のみがお申込可能です
■Bコース 2月11日(金)受付締切


双葉町ってどんなところ?

双葉町は、福島県沿岸地域(通称「浜通り」)に位置し、隣の大熊町とともに福島第一原子力発電所の立地町です。
東日本大震災から10年経過した今でも、双葉町には誰も住んでいません。 福島第一原子力発電所の事故による全町避難によって、当時約7,100人いた双葉町民は、今もなお故郷を離れ、全国で生活を送っています。
2020年3月4日、一部地域で避難指示が解除され、ようやく人の立入りができるようになりましたが、住民の居住が可能になるのは2022年夏頃の予定です。
しかし、双葉町はじっと立ち止まっているわけではありません!インフラ整備や住宅の建築だけでなく、人々の気持ちも行動も刻一刻と前に向かって進んでいます。 双葉町に何が起こっただけではなく、今何が起きていて、これからどんな町になっていくのか、是非現地を訪れて、それを自身の目で見て肌で感じていただきたいと思います。そこには様々な熱い想いを秘めた人々の姿があり、新しい何かが起ころうとしています。
32 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る