NEWS

小中学生の社会課題解決プレゼン大会「スタートアップJr.アワード」 ファイナリスト決定!東証Arrowsで3月6日(日)決勝大会開催!

小学生部門5組、中学生部門5組、計10組のファイナリストが日本経済の中心で社会課題解決のプレゼンを披露!当日はネット配信も実施!

子どもの社会体験と企業のサステナビリティ推進事業をサポートする株式会社バリューズフュージョン(東京都港区、代表取締役社長:竹内 慶太)が開催する小中学生による社会課題解決のアイデアを競うプレゼン大会『スタートアップJr.アワード2021』(後援:東京都、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会)の決勝大会が3月6日(日)開催されます。今年度のプレエントリーは延人数で1,288人(434組)を数え、小中学生を対象としたプレゼン大会として国内最大規模のイベントに成長、決勝大会は東京証券取引所のご協力のもと、東証Arrowsで開催される運びとなりました。昨今、企業にとってサステナビリティ推進は経営上の最重要課題となり、小中学生にとっても社会課題に対する意識はSDGsの拡がりと共に一層高まっていますが、当社はこの大会を日本経済の中心である東証Arrowsで開催することで、社会に向けて新たなメッセージを発信していきたいと考えています。なお、当日はオンライン参加も可能な体制を整え、コロナ感染拡大防止のガイドラインに則り開催します。
公式サイト: https://startupjr-award.jp



●文部科学省主催の表彰イベントで優秀企業にも選出『スタートアップJr.アワード』とは?
『スタートアップJr.アワード』は、小中学生自らが考えた社会課題解決のアイデアを、一次審査(書類選考)と二次審査(プレゼンテーション風景の動画)で審査を行い、決勝大会は現役ビジネスパーソンの審査員を前にプレゼンテーションを行って大賞を決定するアワードです。

小学生、中学生の2部門あり、アイデアの独創性や着想力はもちろんのこと、プレゼンテーションの構成や表現力、訴求力も含めて総合的に評価されます。バリューズフュージョンでは、次世代を担う子どもたちが豊かな発想力で自由にアイデアを考え、社会に発信できるこのイベントを通じて、自身の将来に「活きる学び」の機会をもたらすと共に、キャリア教育の促進につなげていきたいと考えています。昨年度に引き続きテーマは「ソーシャルイノベーション」で、自分たちが住む町や世の中をより良くするためのアイデアを募集し、最終的に以下のとおり小学生部門5組、中学生部門5組、計10組のファイナリストが決勝大会に進出いたしました。

なお、この取り組みにおいて当社は、文部科学省が主催する令和3年度「青少年の体験活動推進企業表彰」で特に優れた実践をおこなっている優秀企業として選出されており、来る2月25日(金)には、文部科学大臣賞の受賞を目指しての最終審査に臨みます。
令和3年度「青少年の体験活動推進企業表彰」
公式サイト:https://www.mext.go.jp/a_menu/sports/ikusei/1412628.htm


●「スタートアップJr.アワード2021」決勝大会ファイナリストおよびプレゼンタイトル

<小学生の部>
・吉田詩(小3)
東京農業大学稲花小学校
世界から貧困をなくすための「子ども募金プラットフォーム UTA」

・富所凜(小5)
早稲田実業初等部
ありそうでなかった!「新しい読書スタイル」とその先にあるニューノーマル

・根木絢未(小5)
玉川学園小学部
正しい手洗いでみんなのHAPPYへ〜私の本気のプロジェクト〜

・萩原竜誠(小5)
群馬大学共同教育学部附属小学校
未来を守る、電気船充電ステーション

・水野翔真(小5)
尾道市立土堂小学校
日本の未来を変える「自己肯定感」

<中学生の部>
・萩原一颯(中1)
群馬大学共同教育学部附属中学校
ボードゲームで日本の漁業活性化!!

・宮原知大(中1)
都立立川国際中等教育学校
真のソーシャルイノベーション「物的ベーシックインカム」

・尾関 駿(中2)
埼玉栄中学校
骨伝導イヤホンで障がい者が暮らしやすい社会を!!

・松井優人(中2)
埼玉栄中学校
雑草を再生紙に変えよう!

・宮澤優月(中2)
軽井沢風越学園
ペットショップ改革〜命を繋ぐ場所Conect Lifeをつくりたい〜

●後援/協賛企業・団体

<後援>


<冠協賛>

<協賛(五十音順)>
29 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る