NEWS

“ゼロ・ウェイスト宣言”の徳島県上勝町の特産品が京都GOOD NATURE STATIONにPOP UP「出張上勝」開催

株式会社ビオスタイル(本社:京都市下京区、社長:三浦達也)では、当社が運営する複合型商業施設GOOD NATURE STATIONの1階「MARKET」にて、2月11日(金・祝)からPOP UPイベント「出張上勝」を開催いたします。

 徳島県東部にある上勝町は、大部分が山地に覆われ、急な斜面に棚田や段々畑の風景を残す風光明媚な場所です。その一方で、昨今話題の「SDGs(持続可能な開発目標)」を具現化する取り組みが行われており、2003 年に自治体として日本で初めて、ゴミをゼロにするという目標「ゼロ・ウェイスト(Zero=0、Waste=廃棄物)宣言」を実施。「ゼロ・ウェイスト」を体験できる宿泊施設「HOTEL WHY」も誕生しました。

 徳島県の中心地からそれほど離れていないにも関わらず、昔ながらの風景や人々の営みが残る土地です。
 今回は、そんな自然豊かな土地で育った特産の柑橘類や、加工の過程で廃棄対象になる柑橘類の皮を香りづけに使用したクラフトビールなど上勝町ならでは商品を集めたPOP UPを開催。オリジナルフードブランドをはじめ、オーガニック認証を取得した農作物や加工品など、健康にも優しい食品を販売する1階「MARKET」に上勝町の商品が並びます。

POP UP詳細
名称: POP UP「出張上勝」
期間: 2月11日(金・祝)~ ※予告なく終了する場合があります
開催時間: MARKETの営業時間に準ずる
上勝町の棚田

上勝町の棚田



KAMIKATZ Beer(上勝ビール)
画像はイメージです

画像はイメージです



 生産から流通、販売の過程でなされる過剰な梱包や包装から解放されなければゴミは減らないという意識の基に作られたジェネラルストア「RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store」が提供するクラフトビールを4種販売。
廃棄対象になる上勝町特産の柑橘類・ゆこうの皮を香りづけに使用したクラフトビール、繰り返し利用することに意味のあるリターナブルボトルデザインなど、上勝町が取り組む「リデュース」「リユース」「リサイクル」が形になっています。
本場アメリカでクラフトビール作りを学び、現地のブリュワリーで働いた経験を持つライアン・ジョーンズ氏をブルーイング・ディレクターに迎え、本場アメリカ仕込みの美味しくてユニークなクラフトビールを製造しています。

【商品詳細】
KAMIKATZ IPA 770円
KAMIKATZ WHITE 770円
KAMIKATZ STOUT 770円
KAMIKATZ MORNING SUMMER 770円


阪東食品
画像はイメージです
阿波晩茶の工程

阿波晩茶の工程


 上勝町の山中、標高300mから400mの南向きの斜面に分布し、特産品のゆず・ゆこう・すだち・上勝晩茶の有機JAS認定を取得した栽培・加工を一貫生産で行う農園。
 「阪東食品」が提供するユニークな味わいのペッパーソース「BAKASCO」をはじめ、10種以上のスパイスやハーブにゆず・ゆこう・すだちと、阿波晩茶を加えた体に優しいクラフトコーラ「AWAトクシマコーラ」、柑橘のポン酢やドリンク、昔ながらの製法を経て完成した珍しい後発酵茶「有機阿波晩茶」を販売します。

【商品詳細】
BAKASCO  756円
AWAトクシマコーラ 1,620円
みちこの有機ぽんず 561円
有機ドリンク「すっすっす」 270円
有機阿波晩茶(100g) 1,512円


㈱ビオスタイルについて
㈱ビオスタイルは、京都・四条河原町に2019年12月に開業した複合型商業施設「GOOD NATURE STATION」の運営を行う京阪ホールディングスのグループ会社。“信じられるものだけを、美味しく、楽しく。人も地球も元気にする 「GOOD NATURE」”というコンセプトの下、サステナブルな商品開発、施設運営を行っています。これらの企業活動を通じ、SDGs達成に貢献するとともに、社会と調和した持続的な成長を目指します。
10 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る