NEWS

【東京都町田市】環境先進都市「ゼロカーボンシティまちだ」を宣言

2050年には温室効果ガスの排出実質ゼロを目指します


町田市は、脱炭素社会の実現に向け、町田市バイオエネルギーセンター(※)における廃棄物バイオマス発電や、市有施設等での太陽光発電等による再生可能エネルギーの利用拡大とその地産地消等の取り組みを進めながら、様々な環境課題の解決に優先的に取り組み、市域の温室効果ガス排出削減と市のブランド力向上を図ります。
また、将来を担う子どもたちに対し、環境に配慮する意識を持つことの大切さを伝えていくために、SDGsの視点なども意識した環境教育のきっかけ作りについても、より一層、力を入れていきます。
(※)町田市バイオエネルギーセンター:熱回収施設(焼却施設)、不燃粗大ごみ処理施設、また、首都圏初となる乾式メタン発酵施設(バイオガス化施設)を有する町田市のごみ処理施設です。

2050年には温室効果ガス排出実質ゼロを目指します

2050年には温室効果ガス排出実質ゼロを目指します


▼町田市ゼロカーボンシティ宣言
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/kankyo/zerozeromachida.html
宣言文を掲げる町田市長

宣言文を掲げる町田市長

宣言に基づき行われる主な取り組み

■ 町田市バイオエネルギーセンターにおける発電電力の地産地消
■ 市有施設等における太陽光発電等による再生可能エネルギーの利用拡大
■ 電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)の積極的な導入及び活用
■ 民間企業等との連携・協定関係強化による市域のブランド力向上
■ 将来を担う子どもたちに対する、環境配慮意識の醸成に資する教育機会の創出

下水処理場(鶴見川クリーンセンター)で町田市バイオエネルギーセンターで発電した電力の利用を開始


取り組みの1つとして、下水処理場から排出されるCO2を削減するため、町田市バイオエネルギーセンターで発電したCO2排出係数※が低い電力を2022年4月1日から鶴見川クリーンセンターで利用を開始します。
※CO2排出係数:電力を作り出す際にどれだけのCO2を排出したかを示す係数

【町田市バイオエネルギーセンター発電電力の利用効果】

■ CO2 排出量削減
町田市バイオエネルギーセンターの電力は、廃棄物(ごみ)をエネルギー源とするため、現在契約してる電力会社と比較してCO2排出係数が約4割低くなります。
これにより年間約1,400tのCO2排出量削減が可能となり、CO2削減量は杉10万本程度の年間吸収量に相当します。

■ コストダウン
現在契約している電力会社から購入する場合に比べて、電気料金は年間約900万円のコストダウンが可能です。

■  電力の地産地消
町田市バイオエネルギーセンターの余剰電力を鶴見川クリーンセンターで利用することで電力の地産地消を実現します。これにより、町田市の再生可能エネルギー導入量の増加やCO2排出量削減対策が可能となり、地域における持続可能な循環型社会の構築に大きく寄与します。
電力の地産地消のスキーム

電力の地産地消のスキーム

町田市バイオエネルギーセンターの発電電力の利用割合

町田市バイオエネルギーセンターの発電電力の利用割合


▼鶴見川クリーンセンター      
https://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/shiyakusyo/clean/kankyo03.html

▼町田市バイオエネルギーセンター
https://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/shiyakusyo/kankyo01.html

東京都町田市について


人口約43万人、東京都の南部に位置し、都心から電車で30分程度の場所にある町田市。町田駅周辺は大型商業施設が立ち並び、古くから栄えてきた商店街も健在。駅から少し離れると、里山の風景、緑いっぱいの公園、地場野菜を作る農地など、自然も多くあります。街の便利さと自然のどちらも味わえるまちです。

▼町田市ホームページ
https://www.city.machida.tokyo.jp/index.html

▼WEBサイト「まちだで好きを続ける」
https://keeponloving-machida.com/

▼まちだシティプロモーション(町田市公式)@machida_cp
Twitter https://twitter.com/machida_cp
Instagram https://www.instagram.com/machida_cp/

13 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る