NEWS

使うだけでSDGsに参加できるコスメ「INAHO SakeLees」を発売

〜 地球にもお肌にも優しいサスティナブルなコスメ 〜


合同会社YOU(本社:大阪市 代表松村裕子)は、使えば使うほどSDGsに貢献できるコスメ「INAHO SakeLees(イナホサケレス)」を発売。
使用されるのが少なくなってきた酒粕を使い、全て自然由来のものだけを使って小学校の廃校をリノベーションした工場に委託して化粧水、美容液を作りました。使っている化粧箱もサトウキビの搾りかすをパルプにし非木材を使った紙を使用しています。



INAHO SakeLeesの特徴

「INAHO SakeLees」は使えば使うほど廃棄物やゴミが減り、資源を循環することで使うだけでSDGsに参加することができるコスメです。
廃棄や無価値になる酒粕に価値をつけてコスメに変えました。使用する吉田酒造は年間約80トンもの酒粕が出ます。もちろん買取などになる分もありますが、余ってしまう部分もどうしても出てきてしまいます。そこで私たちはこの酒粕をしっかりと買取、蔵にとっても、農家にとっても、もちろん環境にも良い循環できる社会を目指しました。
全成分自然由来でナチュラルなコスメにしました。防腐剤などを使わず、自然の力を充分に借り作りました。製造をお願いしたところも小学校の廃校をリノベーションして工場にしコスメ製品を作っている業者にお願いしました。地球にもお肌にも優しいものをここでも目指しています。

パッケージにもサトウキビの搾りかすを使ったバガスパルプを使用。容器もプラごみをなるべく出さないようにガラス瓶にし、パッケージも廃棄となるサトウキビのカスを使うことにしました。サトウキビは砂糖になったりバイオ燃料になったりしますがどうしても茎の部分や絞った後のカスは廃棄になってしまいます。この廃棄を少しでも減らせるようにパルプにし、「INAHO SakeLees」のパッケージにしました。漂白過程で有機塩素化合物を使用せず、非木材の材料を使うことで森を守ことにもなると考えこの紙を使うことにしまし


INAHO SakeLees誕生の背景
日本の文化である酒作りをしり、今世界で言われているSDGsは昔から日本の文化に根付いていたと知った。
その中で酒作りの副産物である酒粕に魅力を感じ、この廃棄されるか、無価値となってしまう酒粕を何か価値のあるものに替えられないかと考えた。
最初にできたのは酒粕ジェラートでした。ただ、食べるだけでは酒粕の消費はそんなに増えない。酒粕は美容に良いと化学的にも判明している。そこで酒粕を使ったコスメを作ろうと開発に取り組んだ
使えば使うほど廃棄物やゴミが減り、資源を循環することで一人一人がSDGsに参加することができる地球にもお肌にも優しいコスメが誕生しました。

実際に使ってみての声
発売に伴って事前に数名にサンプルを配った結果、「お肌の調子が良くなった」「染み込んでいく感じがした」などの声をいただいております。

今後の開発目標
今後は酒粕を使った乳液や入浴剤などを開発し未来に向けて何かできることを1つづ行っていきたい。

INAHO SakeLees概要
NAHO酒粕化粧水
価格:3,600円(税抜)
INAHO酒粕美容液
価格:4,500円(税抜)

販売方法:オンラインショップ(https://inahosakelee.official.ec/

9 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る