NEWS

阪神梅田本店 “発酵”イベント「めぐる つながる 発酵 GREENable」を開催!

2022.02.13

岡山県真庭市の「GREENable(グリーナブル)」プロジェクトとコラボ


■阪神梅田本店 7階リビングフロア 6階コミュニティスタジオなど
■2月16日(水)→22日(火)※最終日は午後6時まで


コロナ禍の影響で健康への意識が高まり、免疫力向上が期待される発酵食品にあらためて注目が集まっています。阪神梅田本店では、“持続可能な人の営みを自然の中で考える”をテーマに、自然共生に取り組む岡山県真庭市が行う「GREENable」(グリーナブル)プロジェクトと連携して、今注目を集める発酵食品の特集イベント「めぐる つながる 発酵 GREENable」を行います。


■「GREENable」(グリーナブル)って?
阪急阪神百貨店と岡山県真庭市のタッグにより誕生した「GREENable (グリーナブル)」。自然共生にまつわる洗練されたコトやモノを紹介するコミュニティ・ブランドで、自然や緑を意味する“GREEN”と、持続可能を意味する“Sustainable”を合わせた造語です。岡山県真庭市は、主要産業である林業と農業でいち早く木質バイオマス発電やバイオ液肥などサステナブルな取り組みをスタート。2018年には、内閣府より“SDGs未来都市”の認定をうけ、2021年7月には、誰もがサステナブルの価値を身近に体感できる観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』をオープンしています。
観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』

観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』


■蒜山高原・真庭の発酵食文化の名品をワークショップやトークショーとともにお届け
真庭産の味噌、日本酒、ワイン、クラフトビール、チーズや野菜などの特産品を販売するほか、リビングフロアのナビゲーター真造を案内役に、料理研究家榎本美沙さんによる料理レシピの実演紹介や、真庭市の「河野酢味噌製造工場」の河野さんによる味噌仕込みのワークショップなどを開催。発酵の魅力を伝えるイベントを盛り込んだ、おいしいだけでなく“知って楽しい、見て面白い”食イベントを初企画でお届けします。



観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』
「河野酢味噌製造工場」甘口糀味噌 味噌屋 清治郎(300g)972円
岡山県産米を精白度70%まで高め、国産大豆を一粒一粒丁寧に磨き、さらに米の使用量を一般的味噌の約倍量使った手作り麹により、際立つ甘さと旨味とのバランスが調和した個性豊かな味噌。
★「河野酢味噌製造工場」河野さん×阪神梅田本店ナビゲーター真造 “手前味噌”ワークショップ開催
◎2月20日(日)午後1時→3時・午後4時→6時 6階コミュニティスタジオ
◎定員各回10人◎参加費5,500円



観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』
「株式会社 辻本店」御前酒1859火入れ(720ml)1,540円
幻の酒米と謳われる岡山県産雄町米を使用した御前酒のこだわりは「全量雄町使用」「全量菩提もと仕込み」。この哲学を体現する純米酒が「御前酒1859」です。
★「御前酒蔵元㈱辻本店」辻さん×ナビゲーター山口 “日本酒のみくらべ”
◎2月19日(土)午後1時30分→午後2時30分・午後6時→午後7時 7階ライブキッチン
◎定員各回5人◎参加費1,100円



観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』

「イルリコッターロ」ジャージーモッツアレラチーズ(140g以上)930円
濃厚クリーミーなジャージー牛のミルクの味わいを堪能いただける極上チーズ。2020ジャパンチーズアワード最高部門賞獲得。※18日(金)から販売予定。なくなり次第終了



観光文化発信拠点施設『GREENable HIRUZEN』
「ひるぜんワイン有限会社」
山葡萄〔赤〕(720ml)4,070円<SAKURA AWARDS 2021 SILVER MEDAL>
山葡萄〔ロゼ〕(720ml)3,520円<Japan Wine Challenge 2018 GOLD MEDAL>

日本固有の種「ヤマブドウ」にこだわったワイン。栽培が難しく希少な「ヤマブドウ」を独自の工夫で高品質なワインへと昇華しています。

ほかにも、酒粕をつかった珍しいクラフトビールが評判の「美作ビアワークス」や、フードロスから生まれた米農家発玄米カイロ「Le lion」(ルリオン)、蒜山高原近くの森で育った木をつかった木製品「木工房もものたね」など蒜山高原の産物が揃います。

11 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る