NEWS

コスメアワード 「アースアンドユー 美容乳液」がアップサイクル賞を受賞!

~ワイン用ぶどうの副産物から高濃度レスベラトロール~

アースアンドユー株式会社(長野県上田市)が販売するエシカルコスメ「アースアンドユー 美容乳液」は、この度「サスティナブル コスメ アワード 2021」において初のアップサイクル賞を受賞しました。
特長は、ワイン用ぶどうの副産物のアップサイクルで生まれた高濃度レスベラトロール含有の独自原料、美容における要望の高い「香り・使用感・長期使用の満足感」いずれの点でも妥協しない商品の完成度、そして再配達を防ぐ容器サイズへのこだわりです。
2月17日~19日「NEW ENERGY」ブース出展に参加、香りやテクスチャーを直接お試しいただけます。




◆「Earth∞You アースアンドユー 美容乳液」とは
年齢に応じたエイジングケアのための「アースアンドユー 美容乳液」は天然由来 100% のオーガニック化粧品で、美容液と乳液の2役を1品でこなし、キメが整い、思わず触りたくなるすべすべの素肌に。




◆特長① 高濃度レスベラトロール含有のナチュラルな国産原料

ワイン用ぶどうの生産過程で普段は棄てられ燃やされている副産物に着目して美容成分を抽出、高濃度のレスベラトロールを含有する※「ブドウつるエキス」の開発に成功しました。
レスベラトロールは “海外で話題のスキンケア成分” でもよく検索され、抗酸化力の強さから「スーパー ポリフェノール」と呼ばれています。海外では美容家やセレブに人気で、国内ではサプリメントとして有名な美容成分です。海外産や化学合成の原料が多いなか、本製品は長野県上田の自然に育てられた生命力あふれるワイン用ぶどうの副産物から抽出したナチュラルな独自原料を整肌成分として配合したエシカルコスメです。
  ※レスベラトロールを当社通常抽出エキス比 10 倍濃度含有

特長② 香り・使用感・長期使用の満足感、いずれも妥協しない商品の完成度 

・ 白ワインを彷彿とさせる柑橘、フローラル、ハーバルのやさしい香り。精油は100 %オーガニック。 
・ しっとり保湿されるのにベタつかず、さらさらとした使い心地。思わず触りたくなるすべすべの肌に。
・ 肌につけたときの伸びもよく、 コストパフォーマンス抜群。
・ 開発にあたりチロシナーゼ、エラスターゼ、抗酸化の観点から肌効果を検証して原料配合量を決定。
・ 性別や年齢を問わず幅広いお客様から、1カ月ほど使用した後の素肌について喜びの声が届いています。
・ お客様のなかには、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方もおり、何度もリピートいただいています。


◆「サスティナブルコスメアワード2021」応募シートより 製品開発ストーリー
【もったい無い! を、もっと良い! に】

大手飲料メーカーに勤める北林健(アースアンドユー株式会社代表取締役)は、当初、自身の積年の夢だったコスメの商品企画・開発に社内プロジェクトとして着手しました。仕事で訪れたワイナリーで、畑に山積みにされ燃やされていた剪定された枝葉や脇芽を「もったい無い」と思ったことから、それらをアップサイクルするプロジェクトを立ち上げたのです。しかし、化粧品メーカーが企業グループ傘下に入ったこともあり、そのプロジェクトは打切りに……。


【独自原料の開発に成功!】
それでも諦めきれず、個人的に各地のワイン用ぶどう畑から、様々な品種、剪定時期の違い、部位の違いなど、原料の開発研究を続けていたところ、長野県上田市の Sail the Ship Vineyard の副産物から他よりも圧倒的に高い濃度のレスベラトロールを含む独自原料の抽出に成功!
この原料について、美白(チロシナーゼ阻害活性率)・抗老化(エラスターゼ阻害活性率)・抗酸化(DPPH 消去率)に関して InVitro 生化学試験を行ったところ、いずれも 80%~92%という検証結果を得ました。
その後、勤務先で副業制度が解禁となったことをきっかけに、自分自身のプロジェクトとして副業起業を決意します。その年に結婚した妻・更紗(アースアンドユー株式会社 取締役)がワイン講師だったこともあり、妻を「最強の N1」として、すなわち最もコアなターゲット像として仮説検証を繰り返しながら製品開発を進めていきました。


【地球のためと、自分のための両立】
製品開発で大切にしたのは弊社のヴィジョン「Earth for You, You for Earth. 地球も人も美しくなる、ナチュラルなものづくり」。何よりもまず、自分たちは「美しく生きるためのコスメ」を作っているという意識を常に持つことです。すでに高い意識を持ってエシカル消費を心掛けているアーリーアダプターだけでなくマスユーザーまでエシカル消費を広めるのに必要なことを考えた時、消費者アンケート結果から見えた課題は、コスメの肌効果や使用感で化学合成原料を使用した一般的なコスメやデパートコスメを超えることが求められていることでした。つまり地球のために自分たちが我慢をするのでなく、地球にとっても自分にとっても「もっと良い!」製品にすることが必要不可欠。そのため、上述の肌効果に関わる検証を(動物実験を行わず InVitro で)行った原料をその量を測ったうえで製品に配合、さらに心地よい香りのまとまりや強さ、肌に付けた時の使用感、翌朝の肌触りにも徹底的にこだわり、小数点以下の違いまで約50 パターンの処方試作を経て、アースアンドユー美容乳液が完成しました。



◆「サスティナブルコスメアワード2021」審査員からのコメント
・石川柚葉(学生審査員兼MOTHER EARTH事務局)

元来ブドウの製造でゴミになっていたブドウの蔓に目をつけ、蔓エキスを化粧品に活用するというアップサイクルの形はもちろん、開発ストーリーから伝わってきたコスメ開発への熱量、そもそものブドウの選定や成分分析の研究などこだわり詰まった商品であることが感じられました。再配達を防ぐため容器の厚さをポストにそのまま投函できるよう工夫した細かい点も好感を受けました。

・小原壮太郎(一般社団法人the Organic代表理事・MOTHER EARTH事務局長)
地域の中で廃棄されていたオーガニックな「ブドウつる」からエキスを抽出するところから挑戦し、コスメの製造過程においても一切化学物質を使用せずに高いクオリティの美容乳液を生み出し、さらには容器サイズにまで気を使い発送上のロスを削減することにも貢献する姿勢に心を動かされました。

・鈴木款(ジャーナリスト/フジテレビ解説委員)
キリンの社員が副業として上田に夫婦で移り住み、ブドウのつるのエキスから美容乳液をつくった。アップサイクルを一会社員の想いで実現し、企業での新たな働き方のあり方を示している。

・マリエ(エシカルファッションデザイナー / 環境省アンバサダー)
生産者のアイデアで発送の際の細かい配慮で環境負荷を下げられることに気づくのは、生産者がどれだけ自分たちで環境を整えているかのあかしだとおもう。すっごい納得。化粧品は一度気に入ったらリピ買いするからその際は店舗よりネットでポチるからそんな時のためのシステムまで配慮するのが素敵。

・山田メユミ(株式会社アイスタイル取締役 共同創業者)
郵便ポストに入るボトルの形状にするという、商品配送にまで細やかな配慮されている点が素晴らしい。企業にお勤めの方の副業で生まれた製品という点も、これからの時代のロールモデルとなりそう。

・吉川千明(美容家・オーガニックスペシャリスト)
環境配慮・エシカルという だけでなく、自然由来のオリジナル原料を研究開発し、肌への効果を追求したのが素晴らしい。香りもよく、ベタつかず、伸びもよく、気持ちの良い使い心地にとても癒されます。これからの季節の乾燥や肌荒れに、年齢・性別 ・肌質を問わずお使いください。顔にボディに幅広く使えて、完成度の高い製品です。
21 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る