NEWS

年間約40万トン廃棄されるもみ殻を使用したサスティナブル園芸ポット&プランター「もみっく」販売開始

年間約40万トン廃棄されるもみ殻を使用し、プラスチック使用量の約50%削減を実現したサスティナブル園芸ポット&プランター「もみっく」販売開始


西日本最大の園芸・農業専門商社である株式会社ニチリウ永瀬(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:金尾佳文)は、プラスチック使用量の約50%削減を実現したサスティナブル園芸ポット&プランター「もみっく」の販売を開始いたします。

■サスティナブル園芸ポット&プランター「もみっく」の特徴
・ もみ殻を約51%利用することで、廃棄されるもみ殻の再利用を実現
・ もみ殻を約51%利用しているので、プラスチック使用量を大幅に削減
・ ナチュラルカラーを採用し、どんな園芸シーンにもマッチする仕様



■もみ殻のリサイクルとプラスチック使用量削減
収穫された稲穂を脱穀する際に排出されるもみ殻は、年間約180万トン。そのうち、約40万トンは農産業廃棄物として処理されます。農産業廃棄物として廃棄するためには、コストがかかり非常に割高。田畑での焼却やくん炭作りは、焼却時のケイ素結晶化による土壌への影響やCO2排出がネックとなります。もみ殻の処分は、米食文化の抱える大きな問題です。そこで、園芸・農業に長年携わる株式会社ニチリウ永瀬は、もみ殻とプラスチック原料を混ぜ合わせたサスティナブル園芸ポット&プランター「もみっく」を開発しました。


■サスティナブル園芸ポット&プランター「もみっく」の使い方
もみっくの園芸ポットは、4号~8号まで。プランターは24型と32型をご用意しています。
寒さが和らぎ、新芽が息吹だす季節に、お庭やベランダなどで「もみっく」を利用した園芸を始めてみてはいかがでしょうか。あなたの園芸活動が、環境保護活動に繋がります。もみっくは、ナチュラルカラーを採用しているのでどんな園芸シーンにもマッチする仕様です。植物の成長を楽しみつつ、地球を守るという新しい園芸の楽しみ方を提供します。


■商品概要
商品名:もみっくポット/プランター/プレート
カラー:ホワイト・ブラウン・ブラック

販売開始時期:2022年2月中旬~下旬予定
販売店舗:全国の園芸店・ホームセンター など

詳細は、専用WEBサイトよりご確認ください。
もみっく専用サイトはこちら
https://nichiryunagase-momic.studio.site/single-page#pot


■株式会社ニチリウ永瀬(概要)
今年 2021 年で創業 100 年を迎えたニチリウ永瀬は、食・農業を通して、持続可能な社会と人々の暮しを豊かにする商品やサービスを提供する、農業資材・家庭園芸用品・飼肥料原料を中心に取り扱う専門商社です。BtoB を中心としたビジネススタイルを築き、国内に 18 拠点を置いています。社内外のビジネスパートナーと共創し、 IT や AI の技術を活用しながら、日本が直面する課題にも積極的に取り組んでいます。

本 社:福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目 14-3
代表者:代表取締役社長 金尾佳文
設 立:1952年8月(創業1921年8月)
資本金:470百万円
売 上:32,558百万円(2020年12月期)
事 業:農業資材・家庭園芸用品・飼肥料原料を中心に取り扱う専門商社
公式ウェブサイト:https://www.nichiryunagase.co.jp/


3 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る