• HOME ソトコトNEWS|SDGs・ESGニュース
  • NEWS
  • 日本発サステイナブルブランドMiYO Organic(ミヨオーガニック)、令和4年4月1日施行「プラスチック資源循環促進法」に対応し、"捨てることを前提としないホテル向けアメニティ"を展開

NEWS

日本発サステイナブルブランドMiYO Organic(ミヨオーガニック)、令和4年4月1日施行「プラスチック資源循環促進法」に対応し、"捨てることを前提としないホテル向けアメニティ"を展開

2022.02.21

「MiYO Organic(ミヨオーガニック)」は、「プラスチック資源循環促進法」に対応して、環境に優しい竹を使ったホテルアメニティを展開します。使い捨てが当たり前になっているホテルアメニティですが、宿泊客様への「ギフト」と位置付けることで、捨てずに持ち帰るという新しいアプローチをご提案します。ホテルでも、家庭でも、無理なく心地よく廃棄ゴミの量を減らす事ができます。

 「プラスチック資源循環促進法」はプラスチックごみ削減を目的とした新法で、事業者にホテルアメニティなど12品目の使い捨て製品に対して対策を行うことを義務付けています。施行を見据えて既に一部で対策が進んでいるものの、選択肢となるプロダクトのさらなる拡充が求められています。

循環素材の竹を使った、使い捨てないアメニティ

 一般的に、ホテルアメニティは使い捨てが当たり前になっていますが、宿泊客様への「ギフト」と位置付けることで、捨てずに持ち帰るという新しいアプローチが可能です。ホテルでのサステイナブルな体験が、お客様の日常の中に落とし込まれ、竹の日用品が生活の循環に入っていくことで、全体の廃棄ゴミの量を減らすことができます。
 また、MiYO Organicのアメニティで使用している「竹」は、天然の循環素材として再注目されており、成長サイクルの中でCO2を吸収したり、根から葉まで無駄なく使うことができ、竹素材を選ぶ事自体が環境に配慮した選択になると言えます。

MiYO Organic商品ラインナップ

1.オーガニック竹歯ブラシ
循環素材である竹を使用し、防カビ材や漂白剤を使わず、安全・安心に使っていただけるオーガニックな歯ブラシです。日本人の口腔サイズに合わせた小さめのヘッドで、歯科衛生士のアドバイスを元にデザイン開発をしています。パッケージには日本の放置竹林を活用した竹100%の竹紙を採用しています。お子様にもお使いいただける小さめサイズのMINI竹歯ブラシも展開。

2.オーガニック竹綿棒&コットンセット
芯の部分に循環素材の竹を使用した、地球環境に優しい綿棒。竹独特のしなやかな強度があり、安心感のある使い心地の良さを実感いただけます。

3.オーガニック竹ヘアコーム
厳選したオーガニックの竹を使用しています。自然素材である竹はプラスチックに比べて静電気が起きにくいため、キューティクルを守りながらブラッシングして頂けて、小さなお子様からお年寄りの方まで安心してお使いいただけるヘアコームです。

4.持ち歩きコットンポーチ
職場で、学校で、旅行に。竹歯ブラシを持ち歩けるポーチです。肌触りの良いコットン生地ですが、内側はポリエステル素材で歯ブラシと歯磨き粉を衛生的に収納可能です。また、歯ブラシ、歯磨き粉、ヘアコーム、リップなども入るサイズで、ペンケースにも使えます。

5.綿100%巾着
エコマーク認定を受けた綿100%の巾着です。ナチュラルな印象で、全てのアメニティを入れてお渡しするのに十分なサイズです。宿泊客様にお持ち帰り頂いた後も使って頂けます。

オリジナル制作可能

※レーザー焼印のロゴ入れやオリジナルパッケージで、ホテル独自のアメニティが制作可能です。
 最低ロット1000個〜 ご相談ください。

「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」様(東京都)

写真:ナカサアンドパートナーズ

写真:ナカサアンドパートナーズ

<導入決定の背景>
 宿泊施設として環境保全への取り組みを模索する中、MiYO Organic様のビジョンに共感しお声がけさせていただきました。環境に優しいだけでなく、日本らしさを感じる竹素材。洗練されたデザイン面も魅力的で、導入を決めました。

<利用されたお客様のご反応>
 特にロゴ入りの櫛が好評で、巾着に入れてお土産としてお持ち帰りになるお客様が多くいらっしゃいます。まだ導入から間もないですがSNSでも反響があり、サスティナブルな取り組みへの関心を広めるきっかけになればと願っています。

31 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る