NEWS

京都 規格外野菜を使った乾燥野菜ブランド「OYAOYA」が農業の現状と未来を語るAgritureを発刊。

規格外で行き場のない野菜に価値を。

​OYAOYA(本社: 京都府京都市、代表:小島怜)は、Makuakeでのクラウドファンディングを通じて「農業の、これから。」を語る雑誌Agritureを発刊
URL: https://www.makuake.com/project/oyaoya/

OYAOYAについて

OYAOYAは、傷ありや形が悪いことで捨てられてしまう規格外野菜を活用し、乾燥野菜へと生まれ変わらせることでフードロス削減に取り組むブランドです。規格外野菜を仕入れるだけでなく、生産者の魅力ごと届けることでWin-Winの関係を構築します。
■ 提携農家/加工の流れ
京都府京丹後市、京丹波町などを中心に、平均年齢33歳の若手生産者10社と提携をしています。加工は生産地から近い京丹後市久美浜で行い、野菜のカットは同地域にある福祉施設と連携し乾燥野菜の製造を行なっています。

■ 販売先
・自社ECサイト

・百貨店やサスティナブル商品を取り扱う小売店
・法人のノベルティ

OYAOYAがAgritureを発刊して解決したい2つの流通課題


1農家あたり全収穫量の約3割ほど出ると言われている規格外野菜。安くで売れすぎると規格品が売れなくなる一方で、安価な買取り価格の提示で利益にならない現実があります。
OYAOYA創業のきっかけとなった、農家さんの元を訪れた際には、「規格外野菜を買い取ってくれるのは嬉しい。しかし過去に安くで買い叩かれた経験がある。だから、規格外野菜を使った事業をするなら、生産者とはWin-Winの関係を築いてほしい。」このことをきっかけにOYAOYAを創業し、規格外野菜であっても味と生産者の魅力で評価して適正価格で買い取りを行なっています。


■ 消費者と生産者の接点がない"情報"の流通課題「おいしい!が嬉しい」

「野菜を作って、出荷する。消費者の顔が見えずやりがいを感じにくい。」
近年、食の安全性が問われ生産者の顔や産地が注目されています。一方で、生産現場へは消費者の声は全く届いていない現状があります。直販や産直ECでは生産者と消費者が繋がれるものの、出荷作業に手間がかかり農作業が疎かになってしまうという声が生産者から聞きました。
単純に消費者から届く「おいしい!」の一言が嬉しいと、提携している農家さんから聞きました。



■ 生産者の魅力ごと味わうAgriture

OYAOYAでは昨年3月から商品を販売する中でユーザさんから「生産者さんの顔が見たい」。と言った声を多くいただいています。
しかし、ただ紹介するだけでは一方通行であると感じており、この度発刊したAgritureでは創業者が各農家さんを訪れた時の主観的な文面にしています。それにより、ユーザさんはより近くで生産者さんのことを主観的に感じることができると思っています。またSNSで料理と一緒に感想をシェアする食体験を作ることで「顔の見える消費」の第一歩を作ることができると考え、Agriture Vol1を発刊しました。今後も定期的に、Agritureを発刊し、おいしい!を耕していきます。

OYAOYA代表 小島怜

16 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る