NEWS

南三陸と横浜国立大学による共同開発 地域経済やSDGsを学ぶボードゲーム「みんなのまちづくりゲーム in cities」が誕生!

東日本大震災被災地の南三陸と横浜国立大学による共同開発


地域経済やSDGsを学ぶ新感覚ボードゲーム「みんなのまちづくりゲーム in cities」が誕生しました。横浜国立大学地域連携推進機構地域実践教育研究センターと東日本大震災で甚大な被害が出た宮城県南三陸町で活動する(一社)南三陸研修センターの共同開発商品。仲間と協力してまちづくりを擬似体験します。2月21日(月)からクラウドファンディングサイト「GoodMorning」で先行販売を実施しています。

【PR映像】みんなのまちづくりゲーム in cities

「みんなのまちづくりゲーム in cities」誕生の経緯


今回開発した「みんなのまちづくりゲーム in cities」(以下、みんまちin cities)は、2015年に南三陸研修センターが販売開始した「みんなのまちづくりゲーム」(以下、みんまち)を改編して開発された商品です。

横浜国立大学の池島祥文准教授(大学院国際社会科学研究院)、志村真紀准教授(地域連携推進機構地域実践教育研究センター)、伊集守直教授(大学院国際社会科学研究院)は、みんまちの循環経済・地域経済をチームで考えるだけでなく、高校生から、大学生(授業やゼミ)、社会人(企業研修等)と対象の範囲も広いという優れた特徴に着目し、2017年から南三陸研修センターと共同で、横浜・神奈川版を意識した改編を開始しました。大学の大人数授業では地域が疲弊していることやそこからの地域再生が必要なことは学べても、その仕組みを一人一人が体験できるような仕掛けが難しく、机上の学びになりがちでした。そこで、地域経済や地方財政の仕組みを擬似的に体験できるゲームを授業に取り入れようと、「みんまち」に着目しました。また、神奈川県は都心に近い東部とそれ以外の県央、県西と大きく性格を異にしており、全国的には首都圏にある豊かな地域と認知されている一方で、県内における都市間格差が大きいという特徴があります。「みんなのまちづくりゲーム」が震災復興に取り組む南三陸町を想定した設定になっていますが、「みんまち in cities」では都市部や地方都市も含めて、より日本全国を想定してのプレイが可能となりました。本ゲームを通して、「地域経済、エネルギー、環境、SDGs等まちづくりにおける大切な要素を、ゲームを通して楽しく学び、まちづくりを自分ごとにできる社会を実現したい」という願いを込めています。

このゲームでは、チームで地域の経済や行財政の仕組みを学びながら、自分たちが住みたいと思える、まち・地域を実現するためには、どのようなアクション・政策が効果的なのかシミュレートすることができます。ゲーム上で数年間分(3〜5年が目安)のプレイを実施することで、まちがどのように変化していくのかを理解することができます。

みんまちin citiesの特徴・効果


・ゲームをプレイするだけで、地域経済や、地域とSDGsの関わり、人口と環境など、まちづくりの要素が自然と体感できます。
・ブックレットを読むとゲームの前提となる「地域経済」「地方財政」における課題を学ぶことができます。
・楽しみながら、地域内経済循環と役場、域外とのお金の流れなどを学ぶことができます。
SDGsとまちづくりの具体的なつながりを考えるきっかけとなります。
・オリジナルの政策やアクションカードを作成し、オリジナルのまちづくりが可能です。
・目標に向かってチームで議論をすることが欠かせないので、ゲームを通してチームビルディングをすることが可能です。
・ボードゲームの前後に実際の地域でのフィールドワークと組み合わせることで理解が深まります。

今後の展開


2022年2月21日 南三陸研修センターからクラウドファンディングによる先行販売開始
2022年3月31日 クラウドファンディングによる先行販売終了
2022年4月上旬 先行販売分の商品発送開始
2022年4月上旬以降 「みんまちin cities」特設Webサイトにて一般販売開始
22 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る