NEWS

食べて応援!京都のおいしいをお持ち帰り「KYOTO FOOD & CRAFT MARKET」をみやこめっせにて開催

2022.02.22

京都市勧業館みやこめっせ(運営:株式会社京都産業振興センター 所在地:京都市左京区)では開館 25 周年を記念し、第1回目となる「KYOTO FOOD & CRAFT MARKET」を2022年3月12日(土)・13日(日)に開催いたします。
京都にはまだまだ知られていないたくさんの魅力的な食材があります。作り手がこだわって大切に作った食材の数々をお持ち帰りいただけるマルシェです。


京都には古くから土地に根付いた食文化、そして京都独自の食習慣があります。また、南北に広い京都は山や海などの豊かな自然も多く、さまざま食材に恵まれています。しかしながら、まだまだ京都の人々にも知られていない、こだわりの生産者さんや若い作り手などによる魅力的な食材がいっぱいあるはずです。そこで今回、大切に作られた食材の数々をお持ち帰りいただけるマルシェを開催することといたしました。加えて、このコロナ禍であるからこそ、地産地消やマイクロツーリズムを楽しんでいただけるきっかけとなれればと思います。



「KYOTO FOOD & CRAFT MARKET」

会期:2022 年 3 月 12 日(土)~3 月 13 日(日)
   10:00~17:00(最終日は 16:00 まで)
会場:京都市勧業館みやこめっせ B1Fロビー
  (〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1)
入場:無料
主催:みやこめっせ(株式会社京都産業振興センター)
協力:京都市
連携事業:「CRAFT POINT KYOTO」・「伝統産業の日」・「KYOTO KOUGEI WEEK」

北は丹後から南は山城まで、さまざまな作り手が自ら販売


府内全域から16事業者が集まり、作り手自ら販売いたします。京都産食材を使ったスイーツや丹後産の食品や調味料、京野菜にクラフトビールなど、お家でも楽しんでいただける京都で作られた食材がたくさん並びます。

|出店者|
宇治香園(日本茶)・黄桜(クラフトビール)・南禅寺豆腐屋服部×保存食lab(豆腐・保存食)・ヤノ株式会社(丹後産食品)・かけはしブルーイング(クラフトビール)・Marché de Yorimichi(スイーツ・ジャム)・京都宮津オリーブ(調味料)・無添加食品 木村商店(冷凍食品)・京・甘納豆処 斗六屋(甘納豆)・京都向島農園(野菜・米)・お豆の里(山国さきがけセンター)(米・発酵食品)・広河原里山野菜加工グループ(漬物・山菜)・ぱんのちはれ(パン)・YOSANO ROASTER KYOTO(コーヒー豆・クラフトチョコレート)・
KOHACHI beerworks(クラフトビール) *順不同


|出店商品の一例|
今回マルシェで販売される予定の商品を一部抜粋してご紹介します。
京都産食材を使ったカヌレ

京都産食材を使ったカヌレ

山椒香るおぼろ豆腐

山椒香るおぼろ豆腐

甘納豆

甘納豆

みょうがの甘酢漬け

みょうがの甘酢漬け

マルシェに並ぶのは「木と暮らすデザインKYOTO」の京都産木材を活用した屋台什器


「KYOTO FOOD & CRAFT MARKET」のために、「木と暮らすデザインKYOTO」(運営:サノワタルデザイン事務所 https://kitokurasu-design.city.kyoto.lg.jp)と協働し、屋台什器を製作しました。「木と暮らすデザインKYOTO」は、林業や木材産業に関わる人々と企業や大学などの人と暮らしに関わる人々をつないで、「木」との新しい関係を探る京都市のプロジェクトです。
今回は京都産木材を使用し、簡単に組み立てることができ、繰り返し使える什器を製作。みやこめっせでは、1人でも多くの方々に京都の森づくりやSDGsへの取り組みに関心を持っていただけるよう、今後も自主イベントでの活用やみやこめっせでイベントを開催する主催者様への貸出なども検討しています。
什器イメージ

什器イメージ

20 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る