NEWS

ベネッセこども基金 子どもの権利って何だろう?子ども支援の現場から「子どもの権利」を考える会を3月19日(土)オンライン開催/参加者募集

様々な困難を抱える子どもたちを支援する方々と共に、子どもの権利について考える

公益財団法人ベネッセこども基金(本社:東京都多摩市 代表理事理事長:五十嵐隆)は、病気の子どもや外国にルーツをもつ子どもを支援する2団体と共に、様々な困難を抱えている子どもの権利について考えるオンラインイベント<ベネッセこども基金MeetUP#3>子どもの権利って何だろう?子ども支援の現場から「子どもの権利」を考える会を2022年3月19日(土)に開催致します。

イベントお申し込みフォームURL(Peatix):https://2021kodomokikin-meetup3.peatix.com


イベント概要

ベネッセこども基金MeetUpは、子どもたちを取り巻く社会課題を発信し、多様な関わりを増やし、解決策について一緒に考えていくイベントです。今回はこの「子どもの権利」について取り上げます。どなたでもお気軽にご参加ください。

「子どもの権利」と聞いて、どのような権利を思い浮かべるでしょうか。

18歳未満を子どもとした「子どもの権利条約」(1989年国連採択)では、大人と同様に子どもも一人の人間として「あたりまえ」の要求や意思を認められると定めています。日本は1994年に、158番目の締約国として批准しました。

ただし、子どもの権利に関する日本社会での認知は高くなく、批准から25年以上が経過した今でも、子どもの権利が守られていない様々な問題(虐待、子どもの貧困、いじめ、不登校、社会的養護など)が起こり、深刻さを増しています。
また、日本には子どもの権利を包括的に定め、それを守るための国の理念、基本方針、必要な政策等を定めた法律がないままとなっています。政府はこども政策の司令塔となる新たな組織「こども家庭庁」を2023年度に創設する方針を固めました。

「こども家庭庁」では、子どもをとりまく様々な課題を解決し子どもを支援するために、制度の壁を越えた取り組みが進められる予定です。課題を解決するためには、まずは大人が「子どもの権利」を正しく理解し、認知を広げていくことが必要だと考えます。

こんな方におすすめ

・保護者、学校の先生、子ども支援NPOなど、日常的に子どもと接する方
・子どもの権利について学びを深めたい方
・子ども×教育に関心をお持ちの方
・子どもを取り巻く社会課題に関心をお持ちの方

開催概要

開催日
2022年3月19日(土)10:00-12:00 (開場9:45)

スケジュール
9:45 入室開始
10:00 イントロダクション
10:05 第1部 基調講演 「子どもの権利とはなにか-大人たちがすべきこと」
10:40 第2部 助成団体による事例紹介 困難を抱える子どもの支援現場の取り組み
・認定NPO法人ポケットサポート「病気なのに、学びって必要なの?」
・NPO法人在日ブラジル人を支援する会(サビジャ)「在日ブラジル人の子どもの学びの機会と権利」
11:00 第3部 登壇者によるディスカッション
11:25 クロージング
11:30 登壇者への質疑応答・フリートーク ※1
12:00 終了

視聴方法
ZOOM配信 Peatixからお申し込みいただいた方へのみ、ZOOMURLをPeatix経由にてご案内します。後日アーカイブ動画もお届けします。
※1 10:00~11:25はウェビナー配信、11:30~登壇者への質疑応答・フリートークは、ZOOMミーティングにて実施します。

参加費用
無料

お申込みフォーム

下記URLのお申し込みフォーム(Peatix)よりご入力をお願い致します。
https://2021kodomokikin-meetup3.peatix.com

登壇者

17 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る