NEWS

Unity合同会社 都会から地方農家を支援する「シェア農家」!アグリツーリズムと二拠点生活を同時に実現した 自然農法コミュニティ「FARMY」サービス開始

2022.03.04

新たな農業の形が誕生~ 2022年3月19日(土)に説明会を実施

シェアリングエコノミーを通じて自由な大人に溢れた社会の実現を目指すUnity合同会社(長野県塩尻市 代表:日吉有為)は、都会にいながら農家を複数世帯で所有・支援する新しい “シェア農家“サービスである「畑あそぼ村 FARMY in 信州」を開始しました。 第1期コミュニティ会員の募集開始にあたり、3月19日(土)に銀座NAGANOにてサービス説明会を実施します。
https://farmy.life

コロナ禍で高まる健康志向と地方への関心~農家とユーザーの課題を解決~

コロナ禍による生活環境の変化から、食の安心や地方移住、自然が溢れる環境への関心が高まっています。特に、密を避けながら自然に触れられる貸農園は、都心のファミリー層を中心に幅広い世代で利用が広がっています。しかし、仕事や家庭の事情から地方移住への決断は依然としてハードルが高く、一般的なシェア畑も日常的な管理維持が難しいなどの課題があります。一方、地方では農業従事者の高齢化や天候に起因する収益不安性などから、農業の維持が難しくなっています。
この度、食糧自給率の高い欧米を中心に広がり、複数の世帯が農家の会員となり田畑・農作物をシェアする「CSA」という仕組みを活かしたサービス「畑あそぼ村 FARMY in 信州」を開始しました。

仲間と作物を共有する、新たな農業の形「シェア農家」

・シェア畑との違いと「CSA」について
一般的なシェア畑は、畑の一部の区画を個人利用者に解放・シェアする形で、利用者自身が栽培・管理する必要があります。その分日常の管理が難しく、効率さを求めて化学肥料を使用したり、隣の区画からの作物や雑草・散水の侵入、農薬・肥料など害虫対策・農法の違いなど、他の利用者とのトラブル発生といった様々な課題があります。しかし、シェア農家は、利用者複数人で一つの農家を間接的に所有する形で、日常の管理をプロの農家に任せることができます。

畑あそぼ村 FARMY in 信州

◆紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=_6QA-74D3wI

これは 「地域支援型農業/CSA(Community Supported Agriculture)」と呼ばれ、消費者が特定農家から農作物を直接、定期購入する仕組みです。生産者側は、安定的な収入を得ることができるため、悪天候やコロナ禍の需要減などによる収穫量と収入減少の防止の他、少量多品目の生産、規格外や売れ残り野菜の廃棄などフードロス抑制などのメリットがあります。

・自然農法と多彩な移住体験イベントで地方と都会を繋ぐ。アグリツーリズム型CSA「FARMY」で地産地消と地産都消を実現

通常のCSAでは、会員への直販が中心で基本的に農家との交流はありません。しかし、FARMYでは農作物の種まきから収穫の他、作物を利用した料理教室や宿泊体験といった定期的な移住体験イベントなど、利用者との交流を通じた“地方と都会を繋ぐコミュニティ”として運営。
農場や農村で楽しむ滞在型の休暇スタイルで、都会にいながら第二の故郷と仲間・家族を持つことができます。FARMYとは、Farm+Familyの造語。「目には見えないけれど、人生に必要な大切な価値を、家族で体験して一緒に育てていける畑でもあってほしい。」そんな思いをこめてFARMYが生まれました。

31 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る