NEWS

岐阜プラスチック工業株式会社 海洋プラスチックごみをアップサイクルした「プラスチックパレット」一般販売開始

「環境貢献」と「地球規模の問題解決」に向け一緒に活動しませんか?

岐阜プラスチック工業株式会社(本社 岐阜市、社長 大松栄太)は、素材の一部に、海洋プラスチック(OBP:オーシャンバウンドプラスチック ※1)を活用したプラスチックパレットの一般販売を、2022年3月1日より開始致します。
※1 海に流れ出る可能性のあるプラスチックごみを回収、リサイクルした素材のこと

弊社は、環境戦略「リスのエコ・イニシアティブ」を掲げ、プラスチック資源循環やバイオマスプラスチック素材の積極的活用等に注力しています。
リサイクル材を活用したプラスチックパレットは1990年代より製品化しており今回は世界的にも関心の高い、海洋プラスチック問題の解決に繋げるべくOBPを素材の一部に活用した、プラスチックパレットを国内で初めて開発いたしました。
弊社は今後も、積極的にOBP素材を活用する事により、環境貢献・環境負荷軽減に努めて参ります。


■「OBPプラスチックパレット」商品概要
■「OBPプラスチックパレット」ご案内資料こちらから↓
https://www.risu.co.jp/products/category/industry/2022_000_OBP_A3ol.pdf

■その他プラスチックパレットシリーズはこちらから↓
https://www.risu.co.jp/gifu-plastic/ebook/risu2022/html5.html#page=59

■お問い合わせ先
岐阜プラスチック工業株式会社 物流産業資材ホームページ

https://www.risu.co.jp/contact/gifu-plastic-industry/industry/

5 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る