NEWS

京阪ホテルズ&リゾーツ㈱ 「持続可能な観光」のクオリティ認証を国内宿泊施設として初めて取得!

2022.03.12

京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社(京都市下京区・社長:稲地利彦)は、京都駅前に立地する京阪グループホテルのフラグシップホテル「THE THOUSAND KYOTO」(京都市下京区・総支配人:井上貴史)並びに2022年に開業88周年を迎える全室レイクビューのリゾートホテル「琵琶湖ホテル」(滋賀県大津市浜町・総支配人:前田義和)において、国内の宿泊施設としては初めてとなるサクラクオリティの「An ESG Practice認証」を、併せて、感染症拡大防止対策に関する宿泊施設認証・サクラクオリティ「A Clean Practice認証」を取得いたしました(いずれも2022年2月25日付)。

サクラクオリティとは

 サクラクオリティとはホテルや旅館等の宿泊施設を中心とした品質認証制度のことで、申請のあった宿泊施設などの観光サービスの品質を第三者が評価し、その品質の高さを認証する仕組みです。サクラクオリティは観光庁が取りまとめた持続可能な観光にかかる旅行商品の造成に向けたラベルインデックスに選定されている国内発の認証制度でもあります。持続可能な観光は宿泊事業者にとっても避ける事の出来ないテーマであり、旅行業全体にとって持続可能性に配慮された商品素材をいかに商品造成に生かすか、顧客にわかりやすく伝達するかが重要になります。その選択およびコミュニケーションの一助となる「認証ラベル」として第三者機関より当社2ホテルが客観性のある認定を受けた旨をこのたびご案内するものです。

「An ESG Practice認証」について

 「An ESG Practice認証」は一般社団法人観光品質認証協会(本部:東京都千代田区)による「宿泊施設の品質評価」の新たな認証制度で、“SDGs”“ESG”の視点に特化した品質認証制度です。環境・地域社会への配慮、持続可能な企業統治に関連する基準により構成され、172の項目によって評価されるものです。
 今般、国内における宿泊施設として初めての認証となり、“Working on認証”として、“SDGs”“ESG”に関して、当該認証機関による認証基準に則った取組みを実施している評価を得たものです。

「A Clean Practice認証」について

「A Clean Practice認証」は同協会が策定した新型コロナウイルス感染症予防および防犯防災衛生管理実践対応マニュアルに対して、高いレベルで対応が実現できていると判断された場合に、宿泊施設に対して認証を付与する “感染症対策”に特化した品質認証制度です。フロント、客室、レストランなどのシーン毎にまとめられたマニュアルをベースにした全257の調査項目によって評価されるものです。
 今般、THE THOUSAND KYOTOおよび琵琶湖ホテルにおいて、当該認証機関による認証基準に則った感染症対策を実施している評価を得たものです。

一般社団法人 観光品質認証協会による認証の現状

SDGsに関する取組みの一例

THE THOUSAND KYOTO
ホテルアクティビティ「OKUTRIP」による魅力共創
2019年の開業時より、知る人ぞ知る京都の「OKU」を旅するアクティビティとして、周辺の寺社仏閣や伝統工芸師とタイアップ。京都観光の魅力共創に力を入れています。

都市養蜂プロジェクト
2021年より、京都駅前のTHE THOUSAND KYOTOの屋上でミツバチを飼育することで、都市部における生物多様性保全と都市の緑化、生態系の維持に貢献することを目指しています。
32 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る