NEWS

マッキャンエリクソン パナソニック FUTURE LIFE FACTORYとCO2削減の支援をする「Carbon Pay」構想を発表!

下北沢ボーナストラックにて、コンセプトを体験できる「Carbon Pay展」も開催。(3/10〜3/16まで)

マッキャンエリクソン (代表取締役社長 兼 CEO 森 浩昭)の事業共創組織 マッキャンアルファ(責任者 吉富 亮介)は、今回パナソニック株式会社 デザイン本部 FUTURE LIFE FACTORY(以下 FLF)が企画開発した「環境問題に対する意識づけと行動を習慣化するためのCarbon Pay構想」のプロジェクトパートナーとして、株式会社ブルーパドル (代表取締役 佐藤 ねじ)、NPO weMORI(代表 清水 イアン)と共に本サービス構想開発を共創しました。また、このコンセプトを体現するために、未来の新しい「当たり前」を考える展覧会も開催します。

自分のカーボンフットプリントを知り、出した分だけカーボンペイする「Carbon Pay構想」

未来の豊かさを問い、具現化する、先行開発に特化したパナソニックのデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」が、今回「Carbon Pay構想」を発表しました。マッキャンアルファ、ブルーパドル、weMORIはプロジェクトパートナーとして本プロジェクトに参画しました。

Carbon Pay構想は、自分のカーボンフットプリント※に合わせて、その量に相当する金額で、CO2を吸収する取り組みを支援できる仕組みです。支援先には、森の保護・植樹・サンゴの植え付け・サイエネ発電所の建設・その他グリーンテックなど、自身が応援したい団体を気軽に選択することができる仕組みを構想中です。


※カーボンフットプリントとは、商品・サービスのライフサイクルの各過程で排出された「温室効果ガスの量」をCO2量に換算して表示することです。

REMIXED REALITY展 ~Carbon Pay 地球とつながる自分になるこれからの新習慣 by FUTURE LIFE FACTORY

Carbon Footprint家電

この構想を実現するために、カーボンフットプリント家電のプロトタイプをデザインしました。
リモコン、コーヒーマシン、オーディオといった日常的に目にする家電に、あなたが出してきたカーボンフットプリントが表示されます。
近い将来、生活の中で温度や湿度を気にするように、「kgCO2e」という単位が、当たり前になることでしょう。​


個別の家電だけでなく、家全体のカーボンフットプリントを表示し、NFCタッチでカーボンペイできるデバイス「Carbon Pay Touch」のプロトタイプもデザインしました。
38 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る