NEWS

西武造園㈱ WWFジャパン『EARTH HOUR2022』に協賛&企業アクションを実施

2022.03.16

西武造園株式会社(本社:東京都豊島区、取締役社長:大嶋 聡)は、WWFジャパン(世界自然保護基金ジャパン)が主催する環境イベント「EARTH HOUR(アースアワー)2022」の趣旨に賛同し、企業アクションへの参加、協賛を行います。
「EARTH HOUR(アースアワー)」とは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで、地球温暖化防止と環境保全の意志を示す、世界最大級の消灯アクションです。2007年にWWFオーストラリアの地球温暖化防止キャンペーンとして始まったものが広がり、2021年には192の国と地域が参加し、国際的な環境イベントとなっています。



2022年は、3月26日(土)20:30から21:30までの60分間、各地のモニュメント等で消灯活動を一斉に行います。

EARTH HOUR(アースアワー)
https://www.wwf.or.jp/campaign/earthhour-info/2022/


『”人”と”みどり”の環境創造サービス企業』を掲げる西武造園株式会社では、子会社を含めた「西武造園グループ」として、この「EARTH HOUR(アースアワー)2022」の趣旨に賛同し、協賛します。
また、企業アクションとして、各社が管理運営する公園等で、「♯旅する60パンダ」への参加など本プロジェクトに連動したイベントや情報発信等の取り組みを実施します。

西武造園株式会社:https://www.seibu-la.co.jp/

"人"と"みどり"の環境創造サービス企業として「EARTH HOUR(アースアワー)」に協賛

西武グループにおける「造園・緑地事業専門会社」として全国的に事業展開する西武造園株式会社は、設計・施工・維持管理・運営までワンストップなサービスを提供するとともに、総合力をもって、“人”と“みどり”のより豊かなまちづくりを目指しています。また、オリジナルの環境教育プログラムの実施などを通じて、緑の大切さなどを感じていただく機会づくりにも取り組んでいます。
西武グループの経営理念である「グループビジョン」に基づき、持続可能な社会の実現に向けた取り組み「サステナビリティアクション」を積極的に推進しており、「EARTH HOUR(アースアワー)2022」への協賛もその一環として取り組むものです。


「EARTH HOUR(アースアワー)2022」協賛企業アクションとして、西武造園グループ各社が管理運営する公園等での連動イベント開催や、SNSでの情報発信などを行うほか、消灯の様子を中継するオンラインイベントで環境への想いや取り組みを紹介する企業メッセージを配信いたします。

EARTH HOUR 2022 当日カウントダウンイベント「EARTH HOUR 2022 in Japan インスタライブ」
開催日時:3月26日(土)20:00~20:35
配信:Instagram Live
https://www.instagram.com/wwfjapan/

西武造園グループ 環境教育プログラムのご紹介

西武造園グループとして「EARTH HOUR(アースアワー)2022」に協賛しています。
西武造園株式会社および子会社4社の各事業で、協賛企業アクションを実施します。

西武造園株式会社:https://www.seibu-la.co.jp/
西武緑化管理株式会社:https://www.seibu-green.co.jp/
横浜緑地株式会社:https://www.yokohamaryokuchi.co.jp/
西武アグリ株式会社:https://www.seibu-agri.co.jp/
株式会社ステップアウト:https://www.stepout.co.jp/


協賛企業アクション①「EARTH HOUR(アースアワー)2022」連動イベントの開催

西武造園グループが管理運営する各公園で、身近な公園を通じて自然環境について楽しく体験できる『環境教育プログラム』や、地域の防災力を高めるための『防災イベント』などを「EARTH HOUR(アースアワー)2022」連動イベントとして開催します。


●電気自動車(EV)から環境について考えるワークショップ
開催日:2022年3月6日(日)
会場:千葉県立北総花の丘公園
協力:日産自動車株式会社
公園内に電気自動車(EV)を展示して子ども達に紹介

公園内に電気自動車(EV)を展示して子ども達に紹介


「EARTH HOUR(アースアワー)2022」協賛企業である日産自動車株式会社との連携イベントです。公園を会場に、EVモデルカー実験を通じて環境とエネルギーについて楽しく学べるプログラムを開催しました。また、実際のEVの車両を使った給電デモンストレーションを行い、非常時の活用法について紹介するなど、CO2排出を減らすためにエネルギーをどのように使っていけばよいかを考える「きっかけ作り」のための取り組みです。

37 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る