NEWS

沖縄県 自然豊かな沖縄の環境が仕事に好影響をもたらすことが判明!

2022.03.19

【沖縄ワーケーション ビジネスの感性を高めるウェルネス効果検証】業務における「集中度」は30%以上高まる結果も!沖縄でのワーケーションでより効果を得やすい職種は“マーケティング職” 

 沖縄県が推進する「沖縄ワーケーション促進事業」では、豊かな自然や穏やかな雰囲気のなか、年間を通して密にならない屋外アクティビティが楽しめる沖縄の資源を活用しながら、心身ともにリフレッシュして生産性の高い仕事ができる「沖縄ウェルネスワーケーション」を提案しています。
 沖縄県は今回、沖縄でのワーケーションに「ビジネスの感性を高めるウェルネス効果」があることを検証するため、2021年11月8日(月)〜11日(木)に、東京と沖縄にて同一人物での実証実験を実施。その結果、睡眠の質や、集中度、ひらめき力、ストレスに対して好影響をもたらすことが明らかになりました。

実証実験サマリー

① 沖縄ワーケーション全体トピック
睡眠評価では、深い睡眠をしている時間の割合は、沖縄へ行く前と比較して21%多い結果に。
やる気については、東京と比較して午前:27%、午後:13%の向上が見られ、沖縄での就業環境の方がやる気が出やすい傾向が明らかになりました。ひらめき力についても、独自のアイデア率※が8%向上。更に、那覇・中部チーム単体のテスト結果では、14%の向上が見られました。その他、集中度やストレスに関しても沖縄の方が良い結果が得られました。
※ 独自のアイデア率=他の人と被らなかった数/出した個数

② 職種別トピック
マーケティング職、エンジニア、営業職においては、東京よりも沖縄の方が「睡眠の質」や「集中度」「グループディスカッションの満足度」など、各項目において複合的に向上する結果に。また、事務職においては、「睡眠の質」が大幅に向上しました。

③ アクティビティトピック
「川平湾グラスボード」「八重山星空鑑賞」「竹富島水牛車」の体験は、ぼんやりしている時の脳の状態になり、ひらめきが起こりやすいと言われるデフォルトモードネットワーク※が優位になることが明らかに。また、「朝のビーチ散歩等」「やちむん陶芸体験」「ミンサー織体験」の体験では、脳への新しい刺激とポジティブな影響を与える結果となりました。
※ぼんやりとした脳が行っている神経活動

実証実験方法

日程:2021年11月8日(月)〜11日(木)3泊4日
実施エリア:2チームに分かれ、それぞれエリア特性を活かした体験を実施・効果検証
      ①八重山(石垣島・竹富島):自然を活用したリフレッシュ・リラックス体験
      ②那覇・中部エリア:沖縄の伝統文化や異国文化などを活用した文化刺激体験
被験者:5名(同一人物にて東京と沖縄の比較検証を実施)
    30代女性:マーケティングリサーチャー、30代女性:事務職
    30代男性:研究職、30代男性:エンジニア、 40代女性:営業
検証方法:東京と沖縄の共通タスクと沖縄ならではのアクティビティ実施時の脳波を計測。
     睡眠の質を確認するため、FITBITにて脈拍を計測。
     朝夕2回、睡眠とやる気に関するアンケートを実施。
共通タスク:グループディスカッション(1日1回、30分)、ひらめきテスト(朝夕2回、5分)
      タイピングテスト(朝、5分)、安静計測(朝夕、1分)、通常業務
※本実験は、沖縄県コロナ感染対策のガイドラインに留意し実施いたしました。

東京に比べて沖縄は「睡眠深度」「やる気」「集中度」「ひらめき力」が向上し、ストレスは「軽減」

①睡眠テスト
脈拍による睡眠評価をしたところ、合計睡眠時間は東京の方が長いものの、深い睡眠をしている深睡眠時間割合は、東京と比較して21%多い結果に。また被験者アンケートでも、午前中の眠気は東京と比べて平均21%下がっていて、疲労度に関しても、午前:平均20%、午後:平均11%下がる結果となりました。

②やる気テスト
業務に対するやる気を脳波で測定したところ、沖縄の方が、午前:27%、午後:13%向上する結果となりました。


③集中度テスト
朝の集中度を脳波で測定したところ、沖縄全体で4%向上。また、那覇・中部チーム単体では13%の向上が見られました。英語文章のタイピングによる集中度測定では、沖縄の方が5%向上する結果となりました。また、朝の集中度測定とタイピングによる集中度測定共に、沖縄滞在3日目から集中度が上がる傾向が明らかになりました。


④ひらめき力テスト
朝夕2回に分けて5分間のひらめきテスト※1を実施したところ、沖縄の方が独自のアイデア率※2が8.5%向上する結果に。更に那覇・中部チーム単体のテスト結果では、14%の向上が見られました。
※1  1つのテーマに対して使い道を多く考えるアイデアテスト
   テーマ:「レンガ」「靴紐」「ホウキ」「ヤカン」「輪ゴム」等
※2  独自のアイデア率=他の人と被らなかった数/出した個数

⑤ストレステスト
朝の安静時にストレス度を脳波で測定したところ、那覇・中部チーム単体では東京と比較して16%下がる結果になりました。
35 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る