NEWS

㈱おてつたび 食べチョク生産者のもとでお手伝いをする「食べチョクおてつたび」を日本各地で開催!

2022.04.06

農水省とともに『職業としての農業の魅力』発信

農業バイトと旅を掛け合わせたマッチングサイト『おてつたび』を運営する株式会社おてつたび(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:永岡里菜)は、農林水産省とともに行う「農業の魅力発信コンソーシアム」の一環で、産直通販サイト『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋元里奈)と、農業の魅力を伝えていくイベント「食べチョクおてつたび」を全国の生産現場で2022年4月より1年を通して実施してきます。学生が食べチョク生産者の収穫から梱包作業などを経験できるイベントです。

「食べチョクおてつたび」とは

■概要
脱サラしゼロから地域の名産品になるほどのブランドアスパラを作り上げた生産者や、海外で農業を学びアニマルウェルフェア(※1)を実践する生産者など、ロールモデルとなる食べチョク生産者のもとで、地域・農業に関心のある学生が、農作業や食べチョクの梱包・発送作業をお手伝いするイベントです。

2022年3月に千葉県我孫子市の野菜農家で行ったイベントが好評だったため、2022年4月から2023年3月にかけて1年を通して全国展開することになりました。

■目的
・農業の魅力を発信することで、農業にチャレンジする人や関わる人を増やすこと

(※1)アニマルウェルフェアとは、家畜を快適な環境下で育てることにより、ストレスや病気などの軽減を目指し飼育すること。

直近の実施スケジュール​

​【佐賀県藤津郡太良町】
受入生産者:「A-noker(ええのうかー)」安東浩太郎さん
<脱サラしゼロから地域の名産品になるほどのブランドアスパラを作り上げた生産者>
実施:4月6日(水) 〜 4月23日(土)
内容:アスパラガスの収穫、食べチョク発送用の梱包作業のお手伝い
詳細:https://otetsutabi.com/plans/897
▲安東浩太郎さんプロフィール
1979年大分県臼杵市生まれ。20代は会社員として大阪で過ごす。太良町を訪れ、その美しさや食の豊かさに感動。移住を決意。太良町で生きるために、農家を志し、荒れたみかん山を切り拓いてアスパラガスの栽培に着手。「森のアスパラ」は、全国から注文が届く太良の名産品になるまで成長。「職業の選択肢に農業を」をスローガンに掲げ、農業に携わる場の提供を行なっている。https://www.tabechoku.com/producers/20173


【佐賀県 伊万里市】
受入生産者:「素ヱコ農園」松本啓 さん
<海外で農業を学びアニマルウェルフェアを実践する生産者>
実施:4月14日(木) 〜 4月18日(月)
内容:養鶏場での作業、食べチョク発送用の卵のパック詰めのお手伝い
詳細:https://otetsutabi.com/plans/996
▲松本啓 さんプロフィール
1996年佐賀県唐津市生まれ。学生時代はオランダやパラオに留学し、農業を学ぶ。その後、若者が田舎でも希望を持って暮らせるようにしたいと思い、大学卒業後すぐクラウドファンディングで200万円集め、おばあちゃんがいる緑豊な田舎で農業をスタート。7年間耕作放棄された金柑の農場を再生させながら、あえて手間暇かかる外国産に頼らない餌づくりや鶏にストレスを与えない平飼い養鶏で、こだわりの卵づくりを行っている。https://www.tabechoku.com/producers/23834


【石川県能美市】
受入生産者:「有限会社たけもと農場」竹本彰吾さん
<江戸時代から続く米農家でありながら、ラジオなどで農業の魅力を積極的に発信する生産者>
実施:4月18日(月) 〜 4月25日(月)
内容:お米の種まき、食べチョク発送用の梱包・発送作業のお手伝い
詳細:https://otetsutabi.com/plans/898
▲竹本彰吾さんプロフィール
1983年石川県能美市生まれ。江戸時代から続いている米農家の10代目。父親から受けたプレゼンをきっかけに高校3年生で就農を決意。米・大麦・大豆の他に、国産イタリア米を生産。常に自作の青いTシャツを着用し、グッズ販売や「青いTシャツ24時〜農業系ラジオ〜(https://anchor.fm/aot/episodes/1-egh6vc)」という音声配信を行うなど、「農業をなりたい職業ナンバーワンに」というスローガンのもと「農家」のイメージを一新させるような活動を行い、新規就農希望者や若手生産者のロールモデルとして注目を集めている。https://www.tabechoku.com/producers/20211


【沖縄県国頭郡東村】
受入生産者:「沖縄ゴールデンマンゴーファーム」八谷耕平さん
<農薬メーカーと農家の二足の草鞋で沖縄のマンゴー産業を支える生産者>
実施:5月1日(日) 〜 5月7日(土)
内容:摘果マンゴー収穫、食べチョク発送用の梱包・発送作業のお手伝い
詳細:https://otetsutabi.com/plans/692
▲八谷耕平さんプロフィール
1981年宮城県仙台市生まれ。農薬メーカーに勤め、現職の経験を活かし新しい栽培方法、地域のブランドとなるような商品を開発し地域の貢献を目指す。高齢化やコロナ禍により、このままでは沖縄のマンゴー産業は衰退してしまうと思い、この地で農業に携わることを決意。現在は農薬メーカーの仕事と二足のわらじで沖縄のマンゴーを次世代に残すべく日々挑戦を続けている。https://www.tabechoku.com/producers/23913

取材について

全ての日程において、参加者が現地で実際に農作業や梱包のお手伝いをしている様子や、受け入れ先の生産者の声やこだわり、参加者の声などをご取材いただけます。ご関心のある方は、以下よりお問い合わせください。
お問い合わせ先:https://otetsutabi.com/contact

32 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る