NEWS

サミット㈱ 「GO GREEN」チャレンジ宣言の取組みを新店「サミットストア世田谷船橋店」でスタート!

2022.04.09

2022年4月6日に開店した「サミットストア世田谷船橋店」は、環境への配慮や防災対策、地域コミュニティと共に行うイベントなどに取り組み、「GO GREEN」チャレンジ宣言の取組みを体現する店舗となっております。

1.ペットボトル自動回収機

ペットボトルの店頭回収は、自動回収機を用いてボトルを選別・圧縮し、物流効率よく回収した上で、再びペットボトルにリサイクルします。更に、回収機をご利用いただくことで、サミットポイントカード会員のお客様にはペットボトル1本あたり0.2ポイントをお付けいたします。
詳しくは、3月23日にトムラ・ジャパン株式会社と共同で発表したニュースリリースをご確認ください。
https://www.summitstore.co.jp/news/pdf/20220323.pdf


2.「発泡スチロール以外のプラスチック製食品トレー」の店頭回収

サミットでは、これまでも店頭にて「発泡スチロールトレー」「紙パック」「アルミ缶」「ペットボトル」「ペットボトルキャップ」を回収しリサイクルしていましたが、世田谷船橋店では加えて「発泡スチロール以外のプラスチック製食品トレー」の回収も実施します。回収した食品トレーは、高熱や圧力によるケミカルリサイクルで基礎化学原料に戻し、再度、食品トレーにリサイクルします。


3.ペットボトルキャップをリサイクルした買い物かごの導入

サミットで店頭回収したペットボトルキャップは、専門業者へ売却し、プラスチック原料に再生しています。同店では、その再生原料を30%配合した買い物かごを初めて導入しました。1個の買い物かごに、ペットボトルキャップ97個分が使われています。また、ペットボトルキャップの売却代金は、認定NPO法人「世界の子供にワクチンを 日本委員会」に寄付し、ミャンマーやラオスなどにワクチンや、ワクチンを冷蔵・冷凍したまま輸送する機器の購入に使われます。


4.環境に配慮したカトラリーの採用

総菜売場のカレーなどの商品に添付していた先割れスプーンは、バイオマス原料40%配合のものに変更して更に軽量化し、レジ横什器での提供になりました。また、従来プラスチック製だったデザートスプーンは紙製に、ストローはバイオマス原料99%配合のプラスチックに変更しました。


5.食品ロス削減の取組み

売れ残って廃棄されてしまう商品を削減するために考案され、一部店舗で実施されている「もぐもぐチャレンジ」を同店でも実施します。販売期限がせまった商品に値引きシールと共に「もぐにぃシール」を貼り、お客様に対象商品を率先して買っていただくことで、廃棄となる食品の削減を目指します。シールを10枚集めたお客様にはガチャガチャなどのゲーム、または寄付活動にご参加いただけます。当社での実施は、世田谷船橋店で5店舗目となります。


6.生ごみ処理機の導入

当社では初めて、店舗バックヤードに、野菜くず等の生ごみを微生物のちからで分解する生ごみ処理機を導入します。各部門の商品化工程で発生した端材等を投入し、約24時間で10分の1程度にまで量を減らすため、廃棄物の運搬や焼却処理に伴うCO2排出量を削減することができます。更に、この一次発酵物はお取引先にて堆肥にリサイクルします。


7.太陽光発電

屋上には太陽光発電設備を設置し、発電した電力は冷蔵・冷凍設備の一部に使用します。太陽光発電の導入は、成城店、横浜岡野店、野沢龍雲寺店、五反野店に続き、5店舗目です。
33 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る