NEWS

㈱イオンファンタジー 社会的意義を強化した「パーパス」と「サステナビリティ方針」を制定

2022.04.12

“えがお”あふれる社会の実現へ、持続的な社会と事業成長の両立を目指します

株式会社イオンファンタジー(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:藤原徳也、以下、当社)は、創業時に制定した社是を、社会的存在意義についてより強く意識した「パーパス」へ昇華させ、制定しました。同時に、企業活動の中核として推進していく、サステナビリティ経営のガイドラインとなる「サステナビリティ方針」を制定しました。

「パーパス」の制定について

当社は、社会やこどもを取り巻く環境変化をもとに、企業に求められる社会的役割について検討を重ね、創業以来  大切にしてきた社是に、より社会的存在意義への想いを加えた、「パーパス」へと昇華させました。「パーパス」制定にあたっては、創業者や従業員の想いをベースに、現経営陣の意志を込めて決定しました。今後は、これまでの社是に代わり「パーパス」を当社の最上位概念と位置づけ、その実現に向けあらゆる事業活動を進めてまいります。

パーパス

行動指針制定について
当社は、「パーパス」の実現には、ファンタジーピープル(イオンファンタジーで働くすべての人々)の意識と行動の変容が重要であると考えております。今後、次世代を担うメンバーを中心に行動指針を制定し、ファンタジーピープルへの浸透をはかることで、あらゆる企業活動において具現化できるよう取り組んでまいります。

「サステナビリティ方針」の制定について

当社は、2021年4月に発表した中期経営計画において、企業活動の中核としてサステナビリティ経営を進めていくことを掲げました。また、本年4月に、株式会社東京証券取引所の市場区分の見直しに関して、プライム市場へ移行しました。今後は、持続可能な社会への貢献と企業価値向上を実現する企業を目指し、本方針のもと具体的取り組み内容と数値目標を定め、サステナビリティ経営の実効性を高めてまいります。

イオンファンタジー サステナビリティ方針

重要課題(マテリアリティ)
当社は、持続的に価値を創出していくにあたり、当社事業へ影響を及ぼす可能性のある課題として以下の6つを特定しました。
①気候変動への対応
②循環型社会への取り組み
③こどもたちの未来への貢献
④地域社会とのコミュニケーションの深化
⑤従業員がいきいきと働ける組織づくり
⑥コーポレート・ガバナンスの強化

実行・推進管理体制
① 「サステナビリティ委員会」を取締役会諮問機関として設置
●当社は、企業活動の中核としてサステナビリティ経営を進めることを目的に「サステナビリティ委員会(以下、委員会)」を取締役会諮問機関として設置しました。
●委員会は、代表取締役社長を委員長として委員の3分の1以上を社外の有識者から選任し、取締役会から諮問を受けた内容について協議、答申いたします。
②「サステナビリティ委員会」の下部組織として「サステナビリティ倶楽部」を設置
●当社は、特定した重要課題ごとに、具体的取り組み内容の検討・実行を目的としてクロスファンクショナルチーム「サステナビリティ倶楽部(以下、倶楽部)」を設置しました。
●倶楽部は、次世代を担う人材をリーダーとして活動し、サステナビリティ経営の実行性を高めてまいります。

「パーパス」へ込めたイオンファンタジーの想い

~“えがお”あふれる世界へ。これまでも、そして、これからも。~

今回、創業から大切にしてきた社是を「パーパス」へ昇華させるにあたり、創業者の想い・原点を再確認したうえで、多くのファンタジーピープルと対話を重ねました。これらの声をもとに現経営陣で何度も議論を繰り返した結果、私たちが社会的存在意義の中心に位置づけたのは「こどもたちの“えがお”」です。

「こどもと向き合うことは、未来の大人と向き合うこと。すなわち、次の社会をつくること」という、未来の社会に対する私たちの責任を「パーパス」に込めました。この「パーパス」の実現に向け、すべてのファンタジーピープルが、こどもたちの“えがお”のために「夢中」になれるイオンファンタジーを目指します。

私たちは“えがお”あふれる世界の実現に向け、挑戦を続けてまいります。


株式会社イオンファンタジー
代表取締役社長
藤原 徳也

14 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る