NEWS

LAVA International 「ヨガウエアつながるリサイクルキャンペーン」にて、ピンクリボン活動と、サステナブルな社会づくりに貢献。

2022.04.14

LAVAのSDGsへの取り組み。LAVAオリジナルチャリティウエアの収益の一部を寄付し、日本対がん協会から感謝状を授与

「ヨガを通してひとりでも多くの人を幸せに」という企業理念を掲げ、全国に440店舗以上のホットヨガスタジオLAVAを展開する株式会社LAVA International(本社:東京都港区/代表取締役:鷲見貴彦/以下:LAVA)は、LAVA初のチャリティキャンペーン「ヨガウエアつながるリサイクルキャンペーン」により集まった金額562,601円を、公益財団法人日本対がん協会の「ほほえみ基金」に寄付し、感謝状を授与されました。寄付金は、乳がん征圧のための啓発活動(ピンクリボン活動)および、乳がん専門家の育成、乳がん啓発団体支援、患者支援などに役立てられます。

​​SDGsの複数目標に貢献する「ヨガウエアつながるリサイクルキャンペーン」について

「ヨガウエアつながるリサイクルキャンペーン」は、女性がもっと心もカラダも豊かに生活できるために、また、サステナブルな社会を実現するために、LAVAとして何ができるのかを考え、生まれたチャリティキャンペーンです。
本キャンペーンの第一弾として、2020年3月、全国のLAVAの会員様から着なくなったヨガウエアを店舗で回収しました。収集した2,159kgのウエアは、提携する日本環境設計株式会社が展開するリサイクルプロジェクト「BRING™」により寄付やリユース、再生繊維や自動車内装材などにリサイクルされました。
続く第二弾では、2020年10月に、「BRING™」のリサイクル原料を一部使用し、ピンクリボン限定デザインで、サステナブルなウエアを開発しました。このウエアはLAVA全店・公式オンラインストア「Lapre」にて販売され、その販売収益の一部を、乳がんをなくす「ほほえみ基金」へ寄付しています。一連の取り組みを通じて、持続可能な開発目標(SDGs)の17の目標に対し、9種の目標達成に貢献しています。

「ヨガウエアつながるリサイクルキャンペーン」特設サイト
 URL:https://yoga-lava.com/pinkribbon/recycle/
●日本対がん協会 常務理事 石田 一郎 様のコメントは以下のとおりです。
「会員のみなさまのご理解とご支援ありがとうございます。コロナ禍は続いていますがピンクリボン活動を推進し、乳がんについての理解を深めるオンラインシンポジウムなども実施してまいります。乳がんで悲しむ人を1人でも減らせるよう、今回のご寄付を大切に使わせていただきます」

●株式会社LAVA International 代表取締役社長 鷲見 貴彦のコメントは以下のとおりです。
「今回の取り組みは、いつもLAVAをご利用いただいている、多くの会員様への感謝の表意として、サステナブルな社会づくりと、ピンクリボン活動の応援を目的に実施しました。また、本取り組みを通じて、会員様だけでなく9割を女性の社員で占めるLAVA全体にとっても、乳がんについて考えるきっかけの一助になればと考えています。」

17 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る