Tags

NEWS

湖池屋 「日本の誇り」である風土・文化や素材を発信するプロジェクト。湖池屋×テラサイクル×宗像市 海岸清掃を実施!

2022.04.23

Save the Seaに繋がる活動として地島の海岸清掃。地島の小学生ほか、約130名が参加。

株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:佐藤章)は、「日本の誇り」である風土・文化やそれらが生み出す素材を「湖池屋プライドポテト」に込めて発信するプロジェクトとして2018年2月より「湖池屋 JAPAN PRIDE プロジェクト」を始動し、2018~2021年の4年間に亘って、宗像市とともに世界遺産のまち宗像の海をテーマとした「JAPANプライドポテト」を発売してきました。


宗像市の掲げる『海への感謝(Save the Sea)』をテーマに、これまで商品を通じた寄付を実施してきましたが、宗像市の掲げる「Save the Sea」活動を地域の皆様とともに推進していきたいとの想いから、革新的なアイディアで今までリサイクル不可能と思われてきたもののリサイクルを実現し、これまでも海洋プラスチックを使った製品を提供してきたグローバル企業であるテラサイクルと協力し、湖池屋・テラサイクル・宗像市の3者の連携により、2022年4月9日(土)に『Save the Sea~地島ビーチクリーン~』を実施しました。

清掃活動を実施した地島は、世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の緩衝地帯でありながらも、なかなか定期的な清掃活動が実施されず、漂着する海洋プラスチックをはじめとした海洋ゴミの処理が課題となっておりました。

今回の清掃活動は、湖池屋・テラサイクル・宗像市だけでなく、地島の小学生たちをはじめとした島民の方々、ボランティア団体の方々、九州大学大学院等の方々にもご協力をいただき、約130名で実施しました。参加された皆様のご協力により集められたペットボトル、空缶、瓶などの漂着ゴミはグリーンネット(ゴミ回収袋)で約600袋に上り、その他にもポリタンクや漁網などの大型のゴミも回収しました。


回収した海洋ゴミの内、海洋プラスチックについては、宗像市等で回収した海洋プラスチックとあわせて、テラサイクルの協力のもと、再生樹脂を使用した“買い物かご”へとリサイクルされます。こちらの“買い物かご”は、道の駅むなかたをはじめ、宗像市近郊のスーパー等の商業施設に設置される予定です。
湖池屋は、豊かな自然を育む“宗像の海”を守り、未来へとつなげることをテーマとした新しいSDGs活動を展開していきたいと考えています。


【 湖池屋JAPAN PRIDEプロジェクト『Save the Sea~地島ビーチクリーン~』 】
主催:湖池屋、テラサイクルジャパン、宗像市
参加者:湖池屋、テラサイクルジャパン、宗像市、福岡県宗像市地島の小学生ほか、島民の方々、ボランティア団体、九州大学大学院等
日時:2022年4月9日(土)8:35~13:30
場所:地島(福岡県宗像市)
参加人数:約130名


【読者からのお問い合わせ先】
株式会社湖池屋 お客様センター
Tel.0120-941-751
受付:月~金10:00~16:00
(祝日除く)

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社湖池屋 広報部:伊藤/小幡
Tel. 080-3582-2708 Fax. 03-3979-2156
〒175-0094 東京都板橋区成増5-9-7
E-mail. pr@koike-ya.com
5 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る