NEWS

I&CO Tokyo ももたろうの未来もひとつじゃない!みらいを えらべる ものがたり『えらぶっく』をSDGs教育コンテンツとして無料公開

2022.04.24

I&CO Tokyoは、みらいを えらべる ものがたり『えらぶっく』(以下『えらぶっく』)を公開しました。『えらぶっく』は、世代を問わず親しまれている「ももたろう」「さんびきのこぶた」「アリとキリギリス」を題材に、SDGsの考え方に触れながら結末を自分で作り上げていくデジタル絵本です。

『えらぶっく』では、物語の途中にある分岐点で読者自身が次の展開を選び、その選択によってストーリーと結末が変わります。それぞれの選択肢はSDGs17の目標に紐づいており、楽しみながらSDGsの考え方に触れる機会と、「未来は自分たちの手で変えられる」という原体験の提供を目指します。


『えらぶっく』概要
・ウェブサイトURL:https://era-book.com/
・対象年齢:4歳〜小学4年生
・利用料金:無料
・対象デバイス:PC、スマートフォン、タブレット    
・推奨環境:【OS】iOS 14以上、android 9.0以上【ブラウザ】safari 最新版、google chrome 最新版


『えらぶっく』の特徴1:登場人物の行動を自分で選ぶ
お話を読み進めると、途中で登場人物の行動を選べる分岐点が出てきます。分岐点ごとに選択肢が二つあり、次のシーンではそれぞれ違った展開が待っています。


『えらぶっく』の特徴2:選択によって、いくつもの展開と結末が待っている
たとえば「ももたろう」では、物語の序盤でおじいさんが「山のゴミ拾いをする」を選ぶとキジが鬼退治に加勢する展開になったり、ももたろうが「学校に通う」を選ぶと、剣ではなく他のアイデアで鬼退治をする展開になったりします。
また、選んだ展開の積み重ねによって結末も変わります。


『えらぶっく』の特徴3:SDGsについて学べる「メダルずかん」
分岐点に用意された二つの選択肢のうち一つは、SDGsに関連の深いアクションになっています。そちらを選択するとSDGsメダルを手に入れることができ、読後はそのお話の中で手に入れたすべてのSDGsメダルについて、詳しい内容を確認することができます。


知識ではなく原体験を届けたい。『えらぶっく』制作の背景
SDGsは日本においても認知度が上がってきた一方、個人レベルで行動に移せている人はまだわずかだと感じています。また、欧州では幼少期からSDGsの話題が身近にありますが、日本では子どもたちとSDGsについて会話をすると道徳的になりすぎてしまうという声も聞かれます。

こうした中『えらぶっく』は、未来の担い手である子どもたちに「未来は自分たちの手で変えられる」という意識をもってもらいたいという想いのもと、誕生しました。子どもたちが絵本を楽しんだ結果としてSDGsを学び、今の行動が未来を変えるという気付きを得ることによって、より豊かな人生を歩むきっかけとなることを目指しています。

とはいえ、私たちはSDGsの知識提供を目的としているわけではありません。『えらぶっく』では複数の展開と結末を体験できる仕掛けによって、自らの選択が未来につながる手応えを提供したいと考えています。原体験を通してこそ、子どもたちが日々の行動とSDGsの結びつきについて考えられるようになり、より豊かな人生を歩むことに繋がると考えているからです。『えらぶっく』を体験した子どもたちが「世の中をよりよくするためにみんなで目指しているゴールがあること」「それが自分たちの行動の延長線上にあること」に気付いてくれることを願っています。

また『えらぶっく』制作にあたっては、学校教諭、アフタースクールを運営されている方、教育分野に特化した出版社の方など、数多くの方からアドバイスをいただきながら内容の改善を続けています。ともすると道徳的になってしまいがちなSDGsというテーマにおいて、子どもたちが主体的に考える力を育むコンテンツの一つとなれば幸いです。


I&CO Tokyoについて
デザインとデータ、テクノロジーを組み合わせ、従来の枠組みを超え新たなビジネスを創出するビジネス・インベンション・ファーム。新しいビジネス機会を創出する最善のカスタマー・エクスペリエンスの構築を目指し、企業のパートナーとして、戦略・デザイン・インキュベーションを横断したソリューションを提供している。これまで、TOYOTA、Uniqlo、GU、Amazon Audibleなどをはじめ、国内外の数多くのブランドのプロジェクトを手がけている。

会社概要
社名:I&CO合同会社
設立:2019年7月
所在地:東京都渋谷区猿楽町代官山アートビレッジ3F
URL:https://iandco.com/ja
12 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る