NEWS

オイシックス・ラ・大地㈱ フードロス解決を目指す「Upcycle by Oisix」が有楽町マルイでコンセプトショップを期間限定オープン!(4/27~5/15)

食の「アップサイクルマーケット」を初開催!イベント限定母の日ギフトや試食も実施。
 食品のサブスクリプションサービスを提供するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)は、アップサイクル商品※を開発・販売するフードロス解決型ブランド「Upcycle by Oisix」の期間限定コンセプトショップを、有楽町マルイ1Fにおいて、2022年4月27日(水)から5月15日(日)まで展開します。本イベント限定の母の日ギフトや、アップサイクル食材を使ったミールキットなど約20品目をご用意し、サステナブルな環境配慮型の商品を、より多くのお客様の食生活に手軽に取り入れていただく取り組みを拡大してまいります。

アップサイクルマーケット概要

URL:https://upcyclebyoisix.jp/
※ アップサイクル商品:これまで捨てられていたものに付加価値をつけ、アップグレードした商品のこと


詳細

・出店場所:有楽町マルイ1F
・出店期間:2022年4月27日(水)〜5月15日(日)
・営業時間:11:00~20:00
・有楽町マルイ https://www.0101.co.jp/086/

イベント限定「母の日」ギフトセットもご用意 サステナブルな環境配慮型の商品を手軽に

 生産現場から食材がお客様に届くまで一気通貫で「食」に向き合うOisixから生まれたフードロス解決型の食ブランド「Upcycle by Oisix」。見栄えや食感の悪さなどから捨てられていた食材をアップサイクルし、おいしく驚きのある新たな食材を生み出します。「野菜のこの部分ってどんな味なの?」「捨てられる食材だけど、なんだかおいしそう!」そんなちょっとしたきっかけが、フードロスのない世界に繋がっていくような、地球と身体にやさしい新しい食体験をお届けしています。今回のコンセプトショップでは「母の日」におすすめの身体に優しいおやつセットなど、シーンに合わせた様々なサステナブルギフトの提案も行います。

会期中のフードロス削減量を表示します

 「Upcycle by Oisix」は、2021年7月のサービス開始から9ヶ月で約27トンのフードロス削減を達成(2022年3月31日現在)しています。会期中はコンセプトショップ内で毎日、お買い物によるフードロス削減量を表示することで、来場されるお客様の、地球に優しいアクションを後押しします。

アップサイクルチョコクランチの会場試食を実施予定

 会期中の土・日、および祝日の13:00〜13:30、「ここも食べられるチョコク ランチ くき&かわ」の試食を実施する予定です(各回とも先着30名様限定)。 製造過程で生まれる端材であるブロッコリーの茎とだいこんの皮を揚げて加工し た、甘じょっぱさが癖になるサステナブルチョコレートです。

食材にまつわる社会課題の解決に取り組むCRAZY KITCHENが会場を演出

 CRAZY KITCHENは、「食時を、デザインする。」をサービスコンセプトとし、食事だけではなく、食事を楽しむ空間、時間、コミュニケーションをデザインする、オーダーメイドケータリング事業を中心に展開しています。企業のブランド発表会、PR イベント、社員総会等のイベントへの料理提供は年間100 件以上を実施(2020年2月時点)。2019年の秋から、一般の市場に出回らずに廃棄されてしまう、未利用魚や害獣を使用したケータリングサービス「サステナブルコレクション」をスタートし、各地域に起きている食材にまつわる社会課題の解決にも取り組んでいます。

 (メッセージ)「アップサイクル」や「フードロス」というと、すごく難しく思えるかもしれません。でも、今まで気づかなかった食材の魅力を新しく見つける、と考えたら、なんだか楽しい気がしませんか?今まで「捨てるもの」だった、ナスのヘタやブロッコリーの茎、バナナの皮も、見方を変えてみると昨日までとは違う、新しいチャームポイントが見えてきました。 ぜひ、ワクワクとお買い物を楽しんでください。
そんなワクワクが、実はちょっとだけ、地球にやさしい 行動へと繋がっていたりします。」

CRAZY KITCHEN|https://crazykitchen.jp/
31 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る