NEWS

㈱ロイヤリティマーケティング SDGsに関する意識・行動調査 SDGsで最も関心のある目標は?

ーiOS/Android向けSDGsアプリ「Green Ponta Action」リリース1周年記念!気軽なアクションに触れることで、SDGsは「遠い存在」から「身近な存在」に変化ー

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、国連の掲げる「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」の達成に向けた活動として、「Green Ponta Project」を展開しています。この一環として提供しているスマートフォンアプリ「Green Ponta Action(以下、GPAアプリ)」の利用によるSDGsに関する意識や行動の変化を把握するため、2022年3月11日(金)~3月14日(月)に、 Pontaリサーチにて調査を実施いたしました。

調査トピック

・GPAアプリを利用し始めたきっかけ
1位「特典(Pontaポイント)を受け取れる」
2位「歩数計測ができる」
3位「アプリで気軽にいいことができる」

・GPAアプリ利用前後のSDGsに対する関心の変化
 GPAアプリの利用後に、SDGsに対する関心が高まった層は70.4%

・GPAアプリ利用前後のSDGsに対する意識の変化
 GPAアプリ利用の前後で、SDGsに対する意識が「自分には遠い存在」から自分に身近な存在」へと変化がうかがえる

・SDGsの関心のある目標
 最も関心のあるSDGsの目標、「3. すべての人に健康と福祉を」

・SDGsに関する取り組み
 SDGsに関する取り組みに「取り組んでいる」「取り組む予定」合わせて、約6割

・SDGsに関して日常生活で取り組んでいること (GPAアプリ利用別)
 SDGsのゴール達成に向けて日常生活で取り組んでいること、
1位「マイバックの持参」
2位「電気はこまめに消す」
3位「水を出しっぱなしにしない」

調査概要

調査方法: インターネット調査
調査期間: 2022年3月11日(金)~3月14日(月)
パネル  : 「Pontaリサーチ」会員(Ponta会員で「Pontaリサーチ」への会員登録をしていただいている方)
回答者数: 2,400人 男性・女性、10代から60代以上の、GPAアプリ「利用者」「非利用者」の各1,200人
※調査結果は小数点第2位を四捨五入しています。

【引用・転載の際のクレジット表記のお願い】
調査結果引用・転載の際は、“「Pontaリサーチ」調べ”とクレジットを記載していただけますようお願い申し上げます。

※LMは、「Ponta」の「便利・おトク・楽しい」世界が、いつでもどこでも広がる生活密着型サービスを提供しています。
6 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る