NEWS

アイカサ ×小田急電鉄 雨の日の子育て中の移動時の困りごとを解決!傘シェア・アイカサが無料に。

ー「小田急ONE子育て応援プログラム」ベビーカーシェアやシッターなどライフサポートサービスの特典も順次追加ー

雨の日を快適にハッピーにする傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営する株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区 代表取締役:丸川照司、以下アイカサ)は小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司、以下小田急電鉄)が2022年4月1日(金)にスタートした、地域密着型サービスプラットフォーム「ONE(オーネ)」による子育て世代向けの新サービス「小田急ONE(オーネ)子育て応援プログラム」にて4月28日(木)よりモニター向けに全国のアイカサの無料利用を開始いたします。

本プログラムでは、4月28日(木)からLINE公式「小田急子育て応援ByONE」を通じて「特別体験イベント」、「ライフサポートサービス」、「安心・見守りプログラム」からなる3つのサービスを順次提供します。その中の「ライフサポートサービス」では、何かと荷物が多くなる子育て世代の小田急線利用をサポートするベビーカーシェアリングの「シェアバギー」と、小田急線26駅にスポットがあり雨が降ったら好きな場所で傘を借りてどこでも返せる傘のシェアリングサービス「アイカサ」を上限回数内は無料でご利用いただけるほか、共働き世帯に好評の料理や家事、ベビーシッターの出張サービスを特別価格でご利用できます。

日頃より子育て層を応援する小田急電鉄では、沿線を起点により良い子育て社会の実現を目指しており、みなさまが子どもと一緒に過ごす時間をより充実させて、家族の笑顔を増やしていくために本プログラムを開始いたしました。アイカサは小田急電鉄のパートナー企業として本取り組みの理念への共感とともに、アイカサが掲げる「雨の日を快適にハッピーに」の想いを、特に雨の日の移動に困る子育て層のみなさまに届けられるよう連携させていただきました。

今後もアイカサは沿線をご利用のみなさまからはじまり地域社会全体へ、シェアリングサービスを通じて豊かであたたかな暮らしを提供して参ります。

「小田急ONE(オーネ)子育て応援プログラム」モニター募集を通じたトライアルの実施の詳細


◇プログラム提供
2022年4月28日(木)~9月30日(金)

◇参加方法
・LINE公式「小田急子育て応援ByONE」へのお友だち登録により、ご参加いただけます
・サービスは一部有償のものもありますが、モニターには無料で体験いただけるプログラムを多数ご用意しています
・モニターの募集人数に上限はありません
・プログラムの詳細は、以下で確認いただけます
https://one-odakyu.com/campaign/?id=kosodate

◇アイカサ無料特典
・LINE公式「小田急子育て応援ByONE」にてアイカサ無料クーポンを配布
・期間中クーポン適用者の利用は全国のアイカサが無料で利用できます
・詳しい情報はLINEにてご確認ください


アイカサとは

「アイカサ」は、“雨の日を快適にハッピーに”と“使い捨て傘をゼロに”をミッションに2018年12⽉にサービスを開始した日本初の本格的な傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をその都度購入せずに、駅や街中で丈夫でサステナブルなアイカサを借り、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することでエコに貢献しながら手ぶらで便利に移動ができるのが特徴です。(アイカサ1回の利用でCO2約692g削減*)

現在はアプリ登録者数25万名を超え、首都圏をはじめ、関西、愛知、岡山、福岡、佐賀などで展開し、鉄道沿線を中心にスポット数はおよそ950か所にわたります。2021年には環境省主催のグッドライフアワードの環境大臣賞ユース部門を受賞し、傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、ひとりひとりが過ごしたい今を過ごせるよう「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、傘をシェアし人にも地球にも愛ある社会づくりを構築しております。

*アイカサを1回レンタルすることにより、CO2約692gの削減に貢献します。
(参照:環境省3R 原単位の算出方法より https://www.env.go.jp/press/files/jp/19747.pdf
5 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る