NEWS

みんなの想火プロジェクト 47都道府県で世界平和を願う「みんなの想火プロジェクト」、最終開催2022年度の各地のリーダー「47サムライ」を募集開始!

2022.05.06

ー全国を盛り上げ災害も乗り越える、地域の垣根を超えたまちづくりネットワークをー

「みんなの想火」プロジェクトとは、日本全国のふるさとで「竹あかり」に平和の願いを込めて同日に灯すことを通じて、自分たちのまちに本気で向き合う意思を持った仲間を地域の垣根を超えて全国で繋いでいくプロジェクトです。最終開催となる今年2022年度に、全国各地のリーダーとなってくれる「47サムライ」を2022年5月1日(日)〜5月21日(土)まで募集いたします。

▽公式サイト:https://47akari.jp/

「みんなの想火」とは

「みんなの想火(そうか)」プロジェクトとは、2020年にはじまった、「自分たちのまちは、自分たちで灯す」を合言葉に集まった全国47都道府県のリーダーたち(47サムライ)と共に、全国一斉に「竹あかり」を灯し、日本の「和の精神」で世界へ希望のメッセージを伝えようというプロジェクトです。

「想火(そうか)」とは「想いを込めた聖なる火(あかり)」。古来より、日本人と共生している竹を使い、それぞれのまちの愛する場所で、土地のストーリーを盛り込んだその土地ならではの竹あかりを灯していきます。それぞれのふるさとを大切に想う気持ちや、その土地の人と人との繋がりや絆を深め、日本の未来を明るく照らしていきたいという願いが込められています。

またこのプロジェクトを通じて、地域の垣根を超えて各地のリーダーたちが繋がるネットワークを醸成。地域のリーダーとなれる人たちに、互いの活動を応援し、盛り上げ、そして災害などの際には支え合うことができる仲間をつくることで日本の未来のまちづくりをサポートします。


<2021年度開催実績>

参加地域:全国47都道府県+世界6カ国(フランス、ブラジル、エジプト、カンボジア、中国、台湾)
竹あかり点灯箇所:合計 90 箇所
竹あかり展示数:合計約 20,000 本
制作・運営関係者数:約 2,000 人
参加者数:合計約 20,000 人(各地+オンライン含む)

ウェブサイト:https://47akari.jp/
2021年の「みんなの想火」各地の様子

2021年の「みんなの想火」各地の様子

2020年三重県での狼煙上げ

2020年三重県での狼煙上げ

2022年の「みんなの想火」メッセージは【むすぶ、ひらく。】 代表・池田親生からのメッセージ

「むすぶ、ひらく。」
ー2022年 竹あかりを通して 日本を赤い糸でむすびなおし、未来をひらく。ー

みんなの想火は3年目の今年を集大成とし『世界竹の日』9月18日に全国47都道府県+世界で竹あかりを灯します。

竹の根は地上からは見えない地中で互いにつながり合い、広大な家族のようなネットワークを形成しています。

竹あかりを通し47都道府県の「自分のまちは自分で灯す」意志を持った仲間が1つになる日。 見えない根っこでより強く深くむすばれ、地域を越えたその関係が地域の素敵な未来の扉をたくさんひらいていきますように。

『世界平和の日』PEACE WEEKでもあるこの日に世界へ希望のあかりを届けられますように。

「みんなの想火」プロジェクト代表/CHIKAKEN/竹あかり演出家 池田親生
「みんなの想火」プロジェクト代表・池田親生

「みんなの想火」プロジェクト代表・池田親生

2022年度サムライ募集へ向けショートムービーも公開

『みんなの想火2022』short ver

47サムライ募集要項

・募集期間:2022年5月1日(日) 〜 5月21日(土) まで
・対象:次の条件を満たす個人
  ①「自分たちのまちは自分たちで灯す」意志のある人
  ② 竹あかりを灯すために、”みんなで”を考えて、行動してくれる人
  ③ 竹あかりを灯すことを楽しんでくれる人
  ※団体としての登録はできません。個人にてお申し込みください。
  ※未成年者の場合には保護者の承諾が必要となります。
・参加費: 50,000円 (事務局運営費、広報費等)
・実施していただくこと:2022年9月18日、各都道府県の自分たちのまちで竹あかりを灯す
  ①    『仲間と灯す』
    ひとりでも多くの想いのある方々と、誰一人排除することなく、共に協力し、竹あかりを作りましょう。
  ②    『まちを灯す』
    まちの魅力、まちに住む人の魅力を集め、みなさんのまちでしか出来ない竹あかりを9月18日に灯しましょう。
  ③    『想火を巡らす』
    想火という、想いのバトンを、絶やさすずに巡らせましょう。次の誰かにリレーしましょう。
    ※みんなの想火リレー...竹及び道具が入ったBOXを10名程度のチームでまわします。
・提供:
  1、 豪華な講師陣の各種講座への参加
    ー2021年の講座アーカイブ視聴含むー
    ・まちの物語創り座 「竹あかりとは、お祭りとは、コンセプトとは」
    ・竹あかり制作指導 canaarea×CHIKAKEN
      ①    「竹選び、竹の切断、型紙貼り」
      ②    「穴あけ、掃除、配線」
      ③    「組み立て」
    ・地域×行政座
    ・お金づくり座
  2、全国のサムライのオンライン座談会への参加
  3、みんなの想火オリジナル型紙の提供
  4、9.18オンラインイベントチケットのご提供
  5、想火リレーBOXのお届け
  6、全国のサムライの決起会「狼煙上げ会」の開催
・お申し込み方法:
  ホームページにて、各都道府県のサムライにエントリーしてください。
  エントリーしていただいた後、事務局よりご連絡させていただきます。
  https://47akari.jp/


たくさんのご応募お待ちしております!

参考資料

▽【みんなの想火】プロジェクト誕生秘話:東日本大震災と熊本震災を超えて
https://prtimes.jp/story/detail/7bZo3aFnOBK

▽オリンピック前夜に全国47都道府県+世界6カ国で合計約2万本の "竹あかり" 灯し世界の平和願う「みんなの想火2021」を開催いたしました!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000058473.html



<みんなの想火プロジェクト>
公式ウェブサイト:https://47akari.jp/
公式Facebook:https://www.facebook.com/47akari/
公式Instagram:https://www.instagram.com/47akari_jp/
公式Twitter:https://twitter.com/47akari_jp/
公式note:https://note.com/47akari
14 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る