NEWS

あしなが育英会 街頭募金が2年半ぶりに本格復活!「あしなが学生募金 全国募金リレー」5/13(金)スタート!

2022.05.08

ーコロナに続きウクライナ情勢による値上げラッシュが遺児家庭を直撃ー

一般財団法人あしなが育英会(本部:東京都千代田区、会長:玉井義臣)の大学奨学生を中心に組織されるあしなが学生募金事務局(本部:東京都千代田区、事務局長:寺本龍正=中京大学4年)は、2022年5月から12月にかけて全国47都道府県をリレーでつなぎ寄付を募る遺児奨学生2,400人とボランティアのキャンペーン「全国募金リレー」を実施します。

あしなが学生募金は遺児の奨学金を募る募金活動で、1970年以来毎年4月と10月に、全国約200か所で一斉に街頭募金を実施してきました。しかしコロナ禍のため2019年10月の実施を最後に、本格的な規模での街頭募金は行えていません。2021年12月には2年ぶりの街頭募金を実施しましたが、12都市で数時間程度と限定的な復活でした。

あしなが奨学金は街頭募金や、街頭募金を通して募集する継続寄付者からのご寄付などによってまかなわれています。奨学金希望者は増加傾向にあり、遺児の進学を守り続けるためには街頭募金の本格復活が急務と学生が声を上げ、この全国募金リレーを実施することを決定しました。毎週土曜に、2つの県の複数の主要駅前等で街頭募金を行います。全国約150か所で、あしなが大学奨学生約2,400人と、中高生を中心としたボランティアが募金を呼びかけます。

5月13日(金)には東京・新宿でスタートセレモニーを行います。事務局長の寺本龍正や全国各地の地区代表らの呼びかけに加え、現在あしなが育英会が進めている、遺児家庭への物価上昇に関する緊急アンケートの結果発表も行う予定です。

【実施要項)
主催: あしなが学生募金事務局
協力: 一般財団法人あしなが育英会
募金使途: 2分の1を日本国内の遺児と親に障がいがある子どもの奨学金、2分の1をサブサハラ・アフリカ49か国の遺児の奨学金として、一般財団法人あしなが育英会に寄付
日程: 5/14(土)から12/10(土)まで毎週土曜(中断期間あり)に街頭募金実施
スタートセレモニー: 2022年5月13日(金)11時~12時 新宿駅西口・小田急百貨店前(地上)にて開催
郵便振替: 街頭募金の他、以下口座でも寄付を受付 
加入者名「あしなが学生募金事務局 記号番号:00140-4-187062」

全国募金リレー日程
・新型コロナウイルスの感染拡大状況等の事由により、実施日程を変更する場合があります。
・各都道府県では複数の拠点(主要駅前など)で街頭募金を行います。
・実施拠点は特設サイト(現在準備中・5月中旬公開予定・https://relay.ashinaga-gakuseibokin.org)に掲載します。
・拠点での街頭募金実施時間は10時から18時までです(一部例外あり)。
・7/16(土)から9/3(土)は、熱中症のリスクを考慮し、街頭募金を実施しません。
・特設サイトでは実施拠点・日程のほか、各地での募金に向けて頑張る学生のストーリーや、実施済み拠点の詳細な実施レポートを掲載します。


あしなが学生募金事務局 事務局長 寺本龍正(中京大学4年)のコメント
私は高校2年生の時に父親を病気で亡くしました。父親が亡くなって、家庭の経済状況は悪化。自分の大学進学の選択肢を捨てていたときもあります。
今回のウクライナ侵攻によっても様々な影響が出ています。親を亡くす子どもが生まれ、世界的な物価上昇によって遺児家庭の家計も圧迫されています。
私は国や時代、環境が違っても、自分の将来を自由に選択する権利を、誰しもが平等に持てる社会を目指し、3年ぶりとなる全国での街頭募金で声を上げていきます。
進学を諦め、数少ない選択肢の中で生きていくしかない遺児が、将来に夢と希望を抱き、自由に学ぶためには皆さんの力が必要です。応援をよろしくお願いいたします。
8 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る