NEWS

㈱東急ホテルズ 持続可能な社会の実現を目指し「サステナブル アクションプラン2022」を制定

株式会社東急ホテルズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:村井 淳)は、ホテル事業を通じて「持続可能な社会」の実現に貢献するべく2019年に制定した、3つのサステナビリティと6つのサステナブル重要テーマから成る「サステナブル方針」に基づき、より具体的な行動を示す「アクションプラン2022」を制定しました。

東急ホテルズは2019年8月1日に「サステナブル方針」を制定しました。“地球にやさしいホテル・まちにやさしいホテル・ひとにやさしいホテル”という3つのサステナビリティ(目指す姿)と6つのサステナブル重要テーマ(社会課題の中から重点的に取り組んでいくテーマ)を掲げ、さまざまな取り組みを行っておりますが、このたび制定した「アクションプラン2022」はウィズコロナ・アフターコロナを見据え、SDGsの目標達成に向けてより具体的な行動を示し、取り組むことができる内容になっております。
東急ホテルズでは運営する各店舗にサステナブル担当のリーダー・サブリーダーを設置し、ホテルチェーンのメリットと、店舗ごと、また立地するエリアの特性も活かしながら、さまざまな活動を実施しております。今後、この「アクションプラン2022」を全店舗に共有し、SDGsの目標達成に向け、進めてまいります。


アクションプラン3.について
川崎キングスカイフロント東急REIホテルは、開業時より環境省の実証事業に参画し、ホテル内の約30%の電力を水素で賄う「世界初の水素ホテル」としてCO2の削減に貢献してまいりました。実証実験は2022年3月31日をもって終了しましたが、2023年1月より独自の取り組みで水素発電を継続することを決定し、別途リリースしております。

東急ホテルズ 概要

会社名:株式会社東急ホテルズ
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-10-7 五島育英会ビル3階
代表者:代表取締役社長 村井 淳
設  立:2001年1月9日
東急ホテル、エクセルホテル東急、東急REIホテル、およびパートナーホテルを含め全国に48店舗展開。
公式ウェブサイト:https://www.tokyuhotels.co.jp
6 件

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る