NEWS

株式会社 博展(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口徳久、以下「当社」)は、主催する「サステナブル・ブランド国際会議 2022 横浜」にて発表した、"生活者のSDGsに対する企業ブランド調査”『Japan Sustainable Brands Index(以下、「JSBI」)』について速報版レポート公開。個別企業毎に詳細情報をカスタマイズした2021年度版の有料版レポートも提供。 なお、2020年度版においても調査対象だった180社については、対前年比較をした詳細レポートの販売もいたします。
 『JSBI』は、企業のサステナビリティに対する活動を更に促進することを目的に、日本国内に展開する企業ブランド19業種300社に対して、生活者のアンケート結果をもとに、企業のSDGsへの取り組みやブランドイメージを分析したサステナブル・ブランド ジャパン独自の調査です。全国の18歳-79歳の男女の15,000回答サンプルをもとに、企業の取り組みや商品、及びブランドのサステナブル価値を評価指数化いたしました。

調査対象企業一覧(300社)※速報版レポート P51、52を参照

調査結果概要

 簡易版レポートでは、今回の調査対象企業300社から、TOP100と19業種別の上位ランキングを公開いたしました。総合1位は「トヨタ自動車」、2位「良品計画(無印良品)」、3位「スターバックス」。業種別傾向は、「薬品・医療用品」「エネルギー」「化粧品・トイレタリー」が高評価。

▼JSBIの速報版はこちら
https://www.sustainablebrands.jp/event/sb2022/JSBI2021-Report_Ver.1.0.pdf

JSBI TOP30企業(SDGs貢献イメージ得点+SDGs評価得点)

JSBI調査方法について

「SDGs貢献イメージ得点」と「SDGs評価得点」の評価を比較することで、サステナブル活動に関する生活者とのコミュニケーションの課題が見えてきます。

・調査方法:インターネット調査 ※回答者は、グループ分けされた6つの企業(対象企業社数計300社)について、それぞれ30問の設問に回答。
・調査対象者:18歳-79歳の男女 ※スクリーニング調査で「対象企業を知らない」と回答した人を除外して本調査を実施。
・調査地域:全国47都道府県
・使用パネル:予め登録されたクローズドモニターによって構成されたパネル
・調査期間:2021年11月9日~12月11日
・回 収 数:15,000サンプル(1社あたりの回答者数は300サンプル)
・調査実施者:サステナブル・ブランド ジャパン(株式会社 博展)
32 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る