NEWS

イケア 5月17日(火)のIDAHOTBに。新シンボル公開!今年もレインボーバッグの一部売り上げを寄付。 

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長 兼 Chief Sustainability Officer:ペトラ・ファーレ)の親会社であるIngkaグループ(Ingka Holding B.V. とその関連会社)は、2022年5月17日(火)の「IDAHOTB(ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日)」に寄せて、「Home Pride Home(ホーム・プライド・ホーム)」というシンボルを新たにデザインし、イケアの公式Instagramで公開します。イケア・ジャパンでは、今年も多様性を表現したSTORSTOMMA/ストールストッマ レインボーバッグを販売し、その一部売り上げをLGBT+を支援する非営利団体に寄付します。また、5月17日(火)~5月29日(日)に全国のイケアストアにてプログレス・プライド・フラッグを掲揚します。

LGBT+インクルージョン(多様性の受け容れ)は、イケアにとって、とても大事な課題です。イケアは、性的指向やジェンダーアイデンティティに関係なく、誰もが公平な扱いを受け、平等な機会を得る権利があると考えています。その信念を示すため、私たちはプログレス・プライド・フラッグの色を取り入れて「Home Pride Home」とデザインされたシンボルをつくりました。このシンボルは、どんな人でも、どこにいても、誰もがくつろげ、本当の自分でいられるべきだ、という願いが込められています。

「Home Pride Home」のシンボルは、イケアの公式Instagramアカウントのストーリーズで公開され、GIFスタンプとして使うことができます。「home pride home」で検索し、#HomePrideHome と一緒にサポートの気持ちをシェアしてください。そして、お客さまはシンボルをシェアしたり、印刷して飾ったりすることで、LGBT+コミュニティへの支援を表明いただけます。ウェブサイトでは、イギリスの慈善団体Stonewallと協働して、LGBT+コミュニティへの支援を示すヒントも紹介します。
Ingkaグループ Equality, Diversity and Inclusion ManagerのHelen Duphornは、以下のように述べています。「私たちは引き続き、あらゆる性的指向やジェンダーアイデンティティの人々が、どこにいても本来の自分でいられる世界の構築をサポートしていきます。『Home Pride Home』のシンボルをシェアし、受容を示すという小さなアクションで、インクルージョンを支援できます。この機会に、LGBT+インクルージョンを推進するために声を上げ、みんなで心を開き、家を開かれた場所にし、あらゆる人々が受け容れられ、尊重され、歓迎されていると感じられるようにしましょう。」

<日本国内の取り組み>

●STORSTOMMA/ストールストッマ レインボーバッグを販売、一部売り上げを寄付

今年も、多様性を表すレインボーカラーで彩られたSTORSTOMMA/ストールストッマ レインボーバッグを販売し、一部売上をLGBT+を支援する非営利団体に寄付します。

●プログレス・プライド・フラッグを掲揚

場所:全国のイケア店舗(都心型店舗を除く)
期間:5月17日(火)~5月29日(日)

プログレス・プライド・フラッグ:2018年にアーティストのダニエル・クエーサー氏がデザインしたものです。インクルージョン(多様性の受け入れ)について、よりわかりやすくするために、この旗ではあらゆる人種のLGBT+コミュニティをブラックとブラウンのストライプで、またトランスジェンダーのプライドをピンク、ライトブルー、ホワイトで表現しています。

●名古屋レインボープライドに、IKEA長久手が参加

5月14日(土)に開催される名古屋レインボープライドに、IKEA長久手が参加します。レインボーカラーのブースを出展し、イケアの多様性に関する考えや取り組み、6人のコワーカー(イケア従業員)ストーリーを紹介します。

●LGBT+アライ(理解し支援する人)として、LGBT+のコワーカー(従業員)をサポート

イケアは、すべての人を受けいれる職場環境をつくり、性的指向やジェンダーアイデンティティに関わらず、あらゆる人に平等な機会をもたらすことを目指しています。イケア・ジャパンでは、パートナーを配偶者、もしくは、配偶者ではないが12 か月以上に渡り同じ住所に住民登録している者と定義しています。法律婚、事実婚、同性婚に関わらずパートナーとして同じ福利厚生を受けることができます。パートナーが出産したときの連続特別有給休暇、また育児休業の対象とならない子の後見人となった場合も、育児のための特別休暇(無給:復帰時手当あり)を取得することが可能です。

17 件
〈 1 / 2 〉

RECOMMEND

Tags

トップへ戻る